中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

橋梁工事巡り贈収賄 愛知県警、容疑の国交省職員ら逮捕
2016-10-01 15:35:31   From:日本経済新聞社   コメント:0 クリック:

津市の橋梁工事の入札に関する秘密を漏らし、飲食店で計約30万円相当の接待を受けたなどとして、愛知県警捜査2課などは1日までに、国土交通省三重河川国道事務所の工務第2課長、田中春人容疑者(46)=名古屋市瑞穂区=を加重収賄や官製談合防止法違反などの疑いで逮捕した。

 橋梁メーカー「滝上工業」(愛知県半田市)の東京支店長、加納泰司容疑者(52)=東京都目黒区=ら社員3人を贈賄容疑などで逮捕した。

 県警によると、4人は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 田中容疑者の逮捕容疑は7月上旬~8月下旬、津市の橋梁工事の入札に関し、事前に予定価格などの秘密事項を漏らし、謝礼として飲食店などで計約30万円相当の接待を受けるなどした疑い。

 県警などによると、田中容疑者は1988年、旧建設省中部地方建設局に建設技官として採用された。県警は田中容疑者が関わったほかの入札の経緯などについても慎重に調べる。

 滝上工業は1895年創業で、東京・名古屋証券取引所2部に上場。2016年3月期の売上高は約190億円。高速道路など官公庁が発注する工事を受注している。

熱に関連する単語の検索:国交 工事 容疑

前の記事:留学中不明、邦人女性の遺体発見 カナダ警察、男逮捕
次の記事:日本の病院で不可解な高齢患者の連続中毒死事件、相次いで発生

分享到: 收藏