中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

盗撮動画ネット販売の男を名誉毀損容疑で再逮捕
2017-04-04 12:09:41   From:日経   コメント:0 クリック:

 兵庫県警は4日までに、女性のスカート内の盗撮動画をインターネット上で販売し、女性の名誉を傷つけたとして、大阪市西区本田1の無職、名越将容疑者(28)=大阪府迷惑防止条例違反の罪などで起訴=を名誉毀損の疑いで再逮捕した。県警は約2年間で約6千万円を売り上げていたとみて調べている。

 盗撮動画の販売サイトを名誉毀損容疑で摘発するのは珍しいという。

 県警によると、名越容疑者は2015年1月に動画販売サイトを開設。全国を旅行しながら18都府県で、洋服店の女性従業員ら約170人を盗撮したとみられ、動画1本当たり約2500~4500円で販売していた。

 長さ数十センチの棒の先端にカメラを取り付け、全体を布で覆い、スカート内に差し向け盗撮。動画には被害者の顔や店内の様子も写っており、県警は特定の女性の社会的評価を下げたと判断した。

 逮捕容疑は大阪市と神戸市の洋服店で20代の女性従業員のスカート内を盗撮した動画を昨年9月~今年2月、「モデルの同意を得ている」とうその説明を付け、サイトで販売するなどした疑い。

熱に関連する単語の検索:名誉 容疑

前の記事:首相、カジノ「最高水準の規制導入」 推進本部初会合
次の記事:市民の足が標的に ロシア地下鉄爆発、不安広がる

分享到: 收藏