中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

警視庁GPS捜査、一部無罪確定 東京地裁判決
2017-06-14 10:28:26   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 警視庁が裁判所の令状を取らずに捜査対象者の車に衛星利用測位システム(GPS)端末を装着した事件で、窃盗や覚せい剤取締法違反などの罪に問われた無職福間康成被告(48)を一部無罪とした東京地裁判決が14日午前0時に確定した。検察側、弁護側双方が控訴しなかった。

 最高裁は3月に「令状のないGPS捜査は違法」との初判断を示した。その後、GPSを使った事件で判決が確定するのは初めてとみられる。

 5月30日の地裁判決は被告らの車に計約70台のGPS端末を取り付けていたことなどを「プライバシーを大きく侵害した」と指摘。証拠を一部排除、覚醒剤の所持や使用を認めなかった。

熱に関連する単語の検索:裁判

前の記事:違法残業疑い、HIS書類送検へ 東京労働局
次の記事:訪日した中国人大学生をホームステイでもてなした日本人らが再会

分享到: 收藏