中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

大学生と14歳少女の交際拗れる 出産後の婚約破棄で賠償請求に
2013-08-09 11:35:34   From:   コメント:0 クリック:

台湾新竹市で14歳の少女と交際していた大学生が子どもをもうけてから婚約破棄するトラブルが発生。2人の婚約は両家の親も交えての約束だ...
台湾新竹市で14歳の少女と交際していた大学生が子どもをもうけてから婚約破棄するトラブルが発生。2人の婚約は両家の親も交えての約束だったが、式の直前になって新郎が突然結婚を拒否したという。島内メディアは若すぎる性的交流の危険を指摘する。
 新竹市の大学生蔡は2年前に14歳の少女と交際を始め、学生宿舎で逢瀬を重ねていた。しかし交際7カ月目に少女は妊娠し、少女の両親が責任を取るよう蔡に迫ったという。蔡の両親も生まれてくる子どもの将来を慮り2人の関係を許した。両家の話し合いの末、2人は2年以内に結婚することが決められ、蔡は実行期限付きの誓約書にサインをした。
 しかし結婚の前日、突然蔡に新しい恋人がいる疑いが浮上した。蔡は少女の欠点を挙げ連ね「何にでも干渉されるのが煩わしい」と言い放ったという。婚約を後悔しているとも明言し、地検署に自首した。
 蔡は地検署で「学業に力を入れたいからあまり早く結婚したくなかった」と打ち明けた。相手の家はかなり立腹しているという。しかし蔡は「刑務所に服役することになっても結婚だけはしたくない」と訴えた。
 報道後、島内紙『聯合報』は「相思相愛だったとはいえ早すぎる性的交流」と指摘。蔡の行為は未成年者に対する淫行罪にあたるため、最高7年の懲役が科される可能性もあるという。
 しかし桃園地院の裁判官、鄭新後は「婚約相手に結婚を強制することは不可能」とも指摘。どちらか一方でも望まなくなった場合は再度話し合うことも可能だという。但し破棄された側には賠償請求の権利も生じるため、約束の変更には覚悟も必要とのことだった。

熱に関連する単語の検索:大学生 14

前の記事:国慶節連休の大移動は苛立つ 列車で夫婦殴り合いの大喧嘩
次の記事:夫婦喧嘩で立腹、夫殺鼠剤飲む 生死を彷徨うが、妻の怒り変らず

分享到: 收藏