中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

石垣調査、文化庁に受理されず 名古屋市、数日内に再申請 天守閣木造化で
2017-07-05 09:57:43   From:日経   コメント:0 クリック:

名古屋市は4日、名古屋城天守閣の木造復元の前提となる石垣調査を文化庁に申請したが、受理されなかったと発表した。書類の修正が必要と指摘されたため。数日内に再申請するという。

 

名古屋城天守閣の石垣(名古屋市)
画像の拡大

名古屋城天守閣の石垣(名古屋市)

 石垣調査は、新天守閣の基本設計の作成や本格工事に向けた同庁との協議に不可欠。調査が遅れれば、2022年末を目指す竣工時期の見直しが必要になりそうだ。

 市は今夏にも、天守閣下の天守台のボーリング調査や発掘により石垣や地盤の状態などを調べる予定だ。調査には文化財の現状変更許可を受けなければならず、4日に市の担当者が文化庁を訪れ、石垣調査を説明した。

 市によると、文化庁は申請書類について、予定する調査項目を幅広く盛り込み、文言も整理する必要があると指摘した。市は「内容や必要性については理解してもらった」としており、早急に修正するとしている。

 天守閣の木造復元を巡っては、市の有識者会議から「石垣の保全のために木造復元の工程を見直すべきだ」との指摘も上がっている。

熱に関連する単語の検索:名古屋 造化 文化

前の記事:2017年上海夏季音楽祭開幕へ
次の記事:BPO、フジに倫理上問題なし 舛添氏巡る情報番組

分享到: 收藏