中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

夫が妻を鎖で市中引き回し 首に犬用の首輪 四つん這い強要
2013-08-24 13:54:03   From:   コメント:0 クリック:

 台湾新北市汐止区の大型スーパー前で、女性が夫に犬用の鎖で繋がれて路上を引き回される事件が発生。夫は妻の首に犬の首輪を嵌めて四つん...
 
 台湾新北市汐止区の大型スーパー前で、女性が夫に犬用の鎖で繋がれて路上を引き回される事件が発生。夫は妻の首に犬の首輪を嵌めて四つん這いで歩くよう命じたほか、頭髪を掴んで殴打した。周囲の通報で駆け付けた警察が咎めると、夫は開き直った様子で「妻より犬の方が大事」と言い返したという。台湾紙『中国時報』が伝えた。
 謝と妻の李さんは2月13日、ペットのゴールデン・レトリーバーを連れて大型スーパーを訪れた。しかし買い物中にちょっとした意見の食い違いから口論になり、春節中の旅行先をめぐりさらに激しい言い争いになった。李さんが大声になると、恥をかかされたと感じた謝は口から出血するほど李さんを殴りつけた。
 謝はさらに連れていた犬から首輪を外し、李さんの首に嵌めた。鎖を握った謝は力ずくで李さんを店の入り口まで引きずり出し、李さんは大声で周囲に助けを求めた。
 周囲は止めに入るも、謝は「食事に行くんだから構うな」と鎖を外そうとしない。謝は李さんの頭髪を掴んだが、あまりに力を込めたために長い髪が束になって抜けたという。痛みに路上を転げ回る妻を引きずりながら、謝は「お前なんかより犬の方がよっぽど大事だ」と暴言を吐いた。命に関わる事態を恐れた目撃者たちは数人で謝を李さんから引き離そうと試みつつ警察に通報した。
 警察の到着後も謝は「家のことに構うな」と繰り返したが、通行人が携帯電話で撮影した暴力の様子を確認した警官は「人を牛馬のように扱うとは何事だ。それでも男か」と謝の行いを咎めた。
 署内の事情聴取では李さんが「夫は春節の間中不機嫌だっただけ。暴力はわざとではなかった」と謝を庇ったため、立件には至らなかった。新北市警察局婦幼隊は「今後も監督を続け、虐待の有無を訪問などで確認する予定」と話した。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:シミ取り剤で水銀中毒発症 なんと基準値の440倍も検出
次の記事:巳年にヘビブーム到来 ペット用の購入者増加中

分享到: 收藏