中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

東電・柏崎刈羽原発所長「安全追求に終わりない」
2017-10-12 21:52:35   From:日経   コメント:0 クリック:

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所の設楽親所長は12日、同原発6、7号機が原子力規制委員会の審査に事実上合格したことについて「安全の追求に終わりはないという強い意志を持って、今後も安全対策工事に取り組む」と述べた。

記者会見する柏崎刈羽原子力発電所の設楽親所長(12日、柏崎市)
 

記者会見する柏崎刈羽原子力発電所の設楽親所長(12日、柏崎市)

 

 一般からの意見公募などを経て年内にも正式合格する。設楽所長は「まだ再稼働うんぬんと言える段階ではない」と述べ、「(審査で)約束した工事をしっかりやって、しっかり運営できる力を付けることが重要」と強調した。

 5月下旬から9月末まで柏崎市、刈羽村の約4万1000世帯を社員らが戸別訪問し、地域住民から様々な意見があったことを明らかにした。「地域の活性化のためがんばってほしい」と早期の再稼働を求める声があった一方、「繰り返し信頼を失墜し信用できない」といった厳しい意見があったという。

熱に関連する単語の検索:東電

前の記事:日本製造業を揺るがす品質問題 神戸製鋼の醜聞続く
次の記事:東京五輪の建設作業員が自殺 1カ月の残業時間190時間

分享到: 收藏
コメントのランキング