中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

黒竜江省洪水、被災地で伝染病は見られず
2013-08-28 10:32:15   From:   コメント:0 クリック:

8月に入り何度も大雨に襲われ、洪水などに見舞われた黒竜江省黒河市遜克県。26日に寄せられた情報によると、同省の衛生庁などは現在、専...
    8月に入り何度も大雨に襲われ、洪水などに見舞われた黒竜江省黒河市遜克県。26日に寄せられた情報によると、同省の衛生庁などは現在、専門家を同県に派遣して伝染病の蔓延を防ぐ業務に当たっている。同庁の専門家によると、同県では現在伝染病は発生しておらず、非必須医薬品である下痢の治療薬を含む、各薬品も比較的整っている。また、6つの集落で住民に対して出血熱の予防接種を行ったほか、旧式便所にも石灰による消毒を実施した。人民日報が報じた。

 ここ数日、同区には同庁がネズミ駆除剤20トンを調達したほか、同省の中医薬大学付属第一病院が、下痢の治療薬や虫刺されの薬などを送った。同病院は同県内の皮膚科や急診科の医者に、薬の使い方も伝えている。

 一方、長期間にわたり土嚢運搬などの肉体労働に当たってきた武装警察官達には、疲労の蓄積が見られるほか、川の周りでは蚊などの虫との「戦い」も強いられる。これら救援部隊の健康を守ることも、重要な仕事になる。

 同部によると、衛生救援を今後も順調に進めるため、佳木斯(ジャムス)市と所属する市、県、双鴨山市、鶴岡市、建三江病院から集めた救急車40台と医療スタッフ200人が27日午前3時ごろ、同江市の病院に到着した。残りの車両も同日午前6時には指定の区域に到着する予定だという。

熱に関連する単語の検索:黒竜江 洪水 伝染病

前の記事:世界で「中国人夫」が人気、理由はお金か人格?
次の記事:夏休みの美容整形ブーム 就職難から整形が低年齢化

分享到: 收藏
コメントのランキング