中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

男性刺され死亡、首や脇腹に傷 長崎・佐世保
2017-11-11 11:08:29   From:朝日新聞   コメント:0 クリック:

写真・図版

現場の地図

 10日午後8時半ごろ、長崎県佐世保市白岳町の元自動車関連会社の敷地内で、同市大和町の無職、朝重隆次(ともしげりゅうじ)さん(66)が血を流して倒れているのを、訪問者が見つけ110番通報した。朝重さんは市内の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。刃物のようなもので首を切られ、脇腹を刺されていたことから、佐世保署は殺人事件とみて捜査を始めた。

 署によると、朝重さんはこの元自動車関連会社の経営者だったという。発見時は、白っぽい長袖のTシャツ姿で、砂利の敷地に仰向けに倒れており、衣服には大量の血が付いていた。

 現場は、JR佐世保駅から東に約4キロ付近の山際で、周囲には事業所が点在している。近くに住む男性は「(事件の)内容がよく分からないが、子どもがいるので不安だ」と話した。

熱に関連する単語の検索:男性

前の記事:金融会社長、4年前から不明 組事務所を監禁容疑で捜索
次の記事:給食に下剤、女性教諭を救急搬送 中2が「いたずらで」

分享到: 收藏
コメントのランキング