中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

中国の春節、半調理品の年越し料理が大人気
2018-02-14 13:24:22   From:cri   コメント:0 クリック:

 春節(旧正月)を間近に控え、中国各地のレストランは大晦日(今年は2月15日)の夜に家族そろって食べる「年越し料理」の注文が例年になく盛況です。一方で、半調理品のデリバリー件数も倍増しています。1年で最も大切な「年越し料理」ですが、注文配達の普及でスタイルもやや様変わりしています。

 北京市豊台区に住む「80後(1980年代生まれ)」の張芳さんは、普段からよくデリバリーサービスを利用していて、今年の「年越し料理」も半調理品を注文しました。「毎年、春節になると、親が台所で懸命に料理をしており、見ていて目頭が熱くなる。台所から出てきて、家族団欒の温かさや幸せをじっくり味わって欲しい」と話していました。

 多くのレストランは、急増する客足への対応策として、「年越し料理」のデリバリーに力を入れた結果、売上高が大幅に伸びています。そして通販サイトで「年越し料理の半調理品セット」を検索すると、なんと1000種類以上が出現します。取引件数はこの半月で7000件以上となっており、中でも、アワビやフカヒレの入った高級スープ「仏跳墻」、ホイコーロー、もち米にハスの実やナツメなどをあえて蒸した「八宝飯」などが人気メニューです。

 老舗のレストラン「同和居」は、消費者のニーズに応えるため、「年越し料理」と半調理品セットを合わせて6種類発売しました。値段は400元台から1600元台です。また、同じ料理で様々な調味料を用意するなど、大人数での食事を想定したサービスを施しています。

 こうした「年越し料理」のデリバリー化について、貿易促進会研究院国際貿易研究部の趙萍主任は、「所得が増えたためであり、モノの消費からメンタルの消費へとシフトしたことの表れでもある。サービスを消費することで時間を節約したうえ、料理の楽しみも味わい、家族とともに過ごす時間を大切にしている」と分析しています。

熱に関連する単語の検索:中国 大人 理品

前の記事:大雪で200人、特急車内で一夜 駅で足止め、JR北海道函館線
次の記事:官房長官「賃上げ3%以上を」 春季労使交渉で

分享到: 收藏