中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

北西太平洋での調査捕鯨を開始 尾道、塩釜、下関から出航
2018-05-17 12:14:01   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 水産庁は17日、2018年度の北西太平洋沖での調査捕鯨を始めた。17日は広島県尾道市から調査母船が出航したほか、宮城県塩釜市と山口県下関市からもそれぞれ調査船が出航した。8月末ごろまで実施する。

 北西太平洋沖ではミンククジラ43頭とイワシクジラ134頭を上限に捕獲し、調査する。年齢や性別を調べるほか、皮膚の一部を採取したり、胃の内容物を調べたりして、適切な捕獲枠の算出に生かす。

 同庁によると、北西太平洋沖での今回の調査は17年度から始まり、28年度まで実施する。沿岸調査は4月から宮城県や青森県沖で始まっており、8月ごろからは北海道でも計画されている。

熱に関連する単語の検索:西太 平洋

前の記事:国民投票法改正案を提示 与党、衆院憲法審初開催
次の記事:日本イージス・アショアの配備候補先が発表 住民は反発

分享到: 收藏