中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

携帯SIMカード不正譲渡容疑 詐欺に利用、17億円被害か
2018-06-21 12:10:11   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 携帯電話の通話に必要なSIMカードを不正に譲渡したとして、警視庁捜査2課は21日までに、携帯電話不正利用防止法違反の疑いで、いずれも携帯電話レンタル会社社長の金沢瞬容疑者(35)=東京都=と佐藤大介容疑者(31)=大阪市=を逮捕した。

 捜査2課によると、佐藤容疑者が1枚5千円で金沢容疑者にSIMカードを譲り渡した後、さらに複数の人物を介して複数の特殊詐欺グループに渡っていた。金沢容疑者は他の業者からもSIMカードを入手、これらのカードを使った特殊詐欺被害は、2013年7月~18年6月に全国で約530件発生し、計約17億円がだまし取られたとみられる。

熱に関連する単語の検索:容疑 

前の記事:自民議員、国会でがん患者にやじ 受動喫煙巡り衆院厚労委で
次の記事:エアビー、違法民泊掲載か 観光庁が調査要請

分享到: 收藏