中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

皇位継承、儀式の準備事務局が発足 政府
2018-08-01 13:19:05   From:日経   コメント:0 クリック:

 政府は1日、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う儀式を準備する「皇位継承式典事務局」を設置した。内閣府と内閣官房が合同で運営し、専任職員26人でつくる。事務局長は事務次官級とし、首相官邸の事務を取り仕切る内閣総務官を務めた山崎重孝氏を充てた。時代に合わせた儀式の簡素化や、陛下の負担軽減のための具体策などが課題だ。

 陛下は2019年4月30日に退位し、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位する。事務局は政府が今秋に設ける首相と官房長官をそれぞれトップとする組織の発足を準備する。菅義偉官房長官は1日午前の記者会見で「皇位継承に伴う式典がつつがなく行われるよう内閣を挙げ、しっかり準備していきたい」と述べた。

 事務局が担当するのは、同年2月24日に催す陛下の在位30年記念式典から、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣になったと示す20年の「立皇嗣の礼」までの一連の儀式だ。儀式の段取りや警備体制を協議し、運営マニュアルをつくる。

 時代に合わせた儀式の簡素化を探る。新天皇が即位後に国民の安寧や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「大嘗祭(だいじょうさい)」の会場の縮小などを検討する。

 儀式に出席する陛下や皇太子さまの負担の軽減策も議論する。新天皇即位の祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」は前回、4日間に計7回開いたが、今回は回数の削減などを検討する。

 外務省も1日、皇太子さまの「即位の礼」準備事務局を設置した。2019年10月22日の「即位礼正殿の儀」に出席する世界各国の首脳らの受け入れや接遇を担う。

熱に関連する単語の検索:皇位 政府

前の記事:安田純平さん本人と認識 官房長官、ネット新映像で
次の記事:省庁横断でテロ情報分析 政府、五輪など備え新組織

分享到: 收藏