中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

政府、予備費1058億円を活用 豪雨対策で
2018-08-03 12:05:34   From:日経   コメント:0 クリック:

 政府は3日、西日本豪雨の被災地復旧に向けて2018年度予算の予備費から1058億円を使うことを閣議決定した。中小企業や農家の経営再開といった生活の再建に向けた経費が中心となる。2日に非常災害対策本部会議でまとめた「生活・生業(なりわい)再建支援パッケージ」を実行に移す。

 麻生太郎財務相は3日の閣議後会見で「被災者の生活と生業の再建に向けて、準備が整ったものには引き続き予備費を使用できるように対応したい」と話し、今後も必要に応じて支出を追加する考えを示した。

 中小企業の復興復旧を支援する「グループ補助金」や農業施設の復旧、観光業の風評被害対策に611億円を充てる。また、自衛隊の活動費などに269億円、災害廃棄物の処理など生活の再建に向けて162億円、河川の修繕など緊急対応の経費に16億円を充てる。

熱に関連する単語の検索:豪雨 政府

前の記事:温暖化ガス削減、戦略づくり着手 有識者会議が初会合
次の記事:経財白書要旨 第2章、人生100年時代の人材と働き方

分享到: 收藏