中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

逃走事件、留置場にメモ 監視緩むタイミング調べる?
2018-08-29 11:58:52   From:朝日新聞   コメント:0 クリック:

 大阪府警富田林署で留置中の樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、樋田容疑者が留置されていた居室内から、署の留置担当者の名前や日付が書かれた手書きのメモが見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。樋田容疑者がこうした記録をつけ続け、入念に計画したうえで逃走した疑いが強まった。

 捜査関係者によると、メモには留置場の担当者が当直する勤務日がカレンダー形式で書かれ、一部の担当者の名前や日付には印が付けられていたという。府警は、樋田容疑者が監視態勢が緩むタイミングを見計らって、逃走した疑いがあるとみている。

 一方、樋田容疑者が盗んだとされる原付きバイクの車体が、細工されている可能性があることも判明。今月13~15日にかけ、同府羽曳野市大阪市内でこのバイクを使ったとみられるひったくり事件が起き、防犯カメラを解析したところ、黒い車体にあしらわれていた白い線が消されている可能性が浮上した。このバイクは発見されておらず、樋田容疑者が使っている可能性がある。府警は外見の特徴を変えることで、特定を免れる目的とみている。

熱に関連する単語の検索:事件

前の記事:政府、防衛大綱見直し着手へ
次の記事:沖縄県、辺野古承認を近く撤回 延期応じず、政府は対抗措置へ

分享到: 收藏