中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

上智大生殺害事件、現場周辺の3D動画をHPに公開 警視庁
2018-09-06 10:37:24   From:日経   コメント:0 クリック:

 東京都葛飾区で1996年、上智大の小林順子さん(当時21)が自宅で殺害、放火された事件で、警視庁亀有署捜査本部は6日、事件当時の現場周辺などを再現した3次元(3D)動画を公開した。同庁のホームページ(HP)に掲載し、事件当日の目撃情報の提供などを呼びかけている。

不審な男の目撃情報を3D画像で再現した(警視庁のホームページより)

不審な男の目撃情報を3D画像で再現した(警視庁のホームページより)

 同本部は事件当時の現場周辺の写真や地図を基に小林さん宅周辺の3D動画を作成。当日、雨が降っていた様子なども忠実に再現している。事件発生当日に目撃された、現場の前に立っていた男の様子も併せて再現。男は小林さん宅の玄関先で、雨の中、傘もささずにレインコートを着て立っていたという。

 捜査1課の佐和田立雄特命捜査対策室長は「動画を見た人に発生当時の状況を思い出してもらい、コート着用の男や手・指にケガをした男を知っているなどの積極的な情報提供を求めたい」と呼びかけた。

 事件は96年9月9日午後4時ごろ発生。葛飾区柴又3の民家から出火し、2階の焼け跡から粘着テープなどで手足を縛られ、首を刺された小林さんの遺体が見つかった。遺体に掛けられていた布団などに付着していたA型の血液から男のDNA型が検出され、警視庁は容疑者のものとみているが、特定には至っていない。

熱に関連する単語の検索:大生 上智 事件

前の記事:関空の国内線、7日中に再開 安倍首相が表明
次の記事:関空7800人の救出終了 近畿27万9千戸で停電続く

分享到: 收藏