中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

在日中国人、ネットで賞与額を公開 「羨ましすぎて憎い」の声
2013-12-02 14:37:05   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

日本経済団体連合会が13日に「2013年冬季賞与・一時金調査結果」を発表した。調査結果によると、今年の冬季ボーナスは5年ぶりの上昇となった。特に、大手製造業の……

 日本経済団体連合会が13日に「2013年冬季賞与・一時金調査結果」を発表した。調査結果によると、今年の冬季ボーナスは5年ぶりの上昇となった。特に、大手製造業のボーナス額は大幅に増加している。従業員500人以上の大企業の冬季ボーナスは一人平均82万円で、昨年より5.79%増。これは、日本のバブル期(1990年に6.15%増)以来の大幅な上昇率だ。製造業に勤める在日中国人もその恩恵を受けており、相次いでネット上にボーナス額を公開する人が現れている。中新網が伝えた。

 ネット上では14日頃から支給された冬季ボーナス額を公開する人が現れ始めた。あるネットユーザーは、「会社の労働組合が2.7か月分の冬季ボーナスを要求した結果、会社は2.8カ月分のボーナスを支給した。夏季ボーナスは2.5カ月分だったので、今年は一年で計5.3カ月分のボーナスが支給されたことになり、1990年より0.1%多い、会社創立以来、過去最高のボーナス額となった」と投稿した。これに続き、続々と自分のボーナス額を公開する人が出始めた。しかし、中には上がるどころか下がった人もいる。「我々もボーナス額が決まった。会社は赤字だ。電力部門は、原子力を再起動させず、電気代も値上げさせず、一つの原子力発電所は一日の維持費が4億円かかるのに、発電させずにいる。だから、当然赤字だ」という恨み節の声や、「夏ボーナスはゼロだった。冬はボーナスがないだけでなく、給料も20%減給された」という嘆きの声もあがった。これに対し、「羨ましすぎて、憎々しい」や「同情する」といった声があがる中、2013年の冬ボーナスが人々に経済的な潤いを与えたこと以外に、在日中国人の生活自体も注目された。

 しかし、このような高額ボーナスは日本の大企業だけに限られたもので、多くの中小企業ではこのような待遇を受けられない上、数多くの自営業者にとってこのようなニュースは遠い世界の話だろうと指摘する冷静な意見もあがった。現在、夫婦で自営業を行っている在日中国人の陳薇さんも、「以前は夫が大企業に勤めていたので、冬ボーナスが100万円を超えることはしょっちゅうあったが、現在は2人で小さな旅行代理店を開いて、航空券の手数料で稼ぐ薄利多売な商売を行っているので、冬ボーナスをもらって浮かれている世間の雰囲気とはまるで関係がない」と語っている。

熱に関連する単語の検索: 中国人

前の記事:中日の学者「カイロ宣言は日本が歴史に向き合う出発点」
次の記事:中国メディアが見た日本 相続税で格差縮小

分享到: 收藏