中国語  日本語
ホーム > 社会 > 記事全文

小学生に奇抜すぎる玩具流行本物そっくりな乳房や男性器
2012-07-11 11:36:46   From:   コメント:0 クリック:

 陝西省西安市では奇抜な玩具が小学生の間で流行しているという。露店や文房具店の棚にはドクロの仮面やムカデの玩具、果ては本物そっくり...


 

 陝西省西安市では奇抜な玩具が小学生の間で流行しているという。露店や文房具店の棚にはドクロの仮面やムカデの玩具、果ては本物そっくりの乳房や男性器など目を疑うデザインの商品が並んでいる。子どもたちが大喜びで遊ぶ一方、保護者たちは影響を憂慮する。

 西安市城西区内にある小学校前の文房具店ではペンやノートの脇に悪魔やドクロのお面が並び、電流の流れる警棒やボクシングボールペンなど一風変わった玩具も置かれていた。店主は「人気商品」と語る。
 学校脇の露店には女性の乳房や男性器を象った玩具が並ぶ。店主に子どもたちへの影響を問うも「まだ何も分からない年だから」と意に介さない。
 西一路小学校付近の露店は子どもたちで大繁盛だ。向かいの文房具店で「悪趣味玩具」の有無を問うと、品切れだった。「ムカデやクモ、ヘビとかのびっくり玩具が特に人気」
 小学5年生の楽楽君は「昨日ヘビを使って女の子を驚かせた」と語る。男子生徒の間で流行中で、誰の玩具が一番人を怖がらせるか競争中だという。
 道には乳房と男性器の玩具を手に遊ぶ男の子2人組もいたが、見せて欲しいと頼むと笑いながら走り去った。
 試しに1つ購入すると、箱の商品説明には「骨壷級の大人向け玩具。遊び方は自由自在」とある。「本物そっくりで怖さ倍増」。製造者の所在地は深セン市、販売者の所在地は西安市新城区西北商貿センターとある。販売者の所在地に赴き伺ったところ、玩具は深セン市から5~10元程度で仕入れ、大部分は学校付近の文房具店などに出荷するとのことだった。
る法律なし
 5年生の息子を持つ女性は「息子のカバンから男性器型の玩具が出てきた」と語る。息子は「みんな持ってるから僕も買った」と話したという。「文房具店がこんなものを売るなんて。造る人にも売る人にも自分の子がいるでしょうに」
 蓮湖区豊禾路の男性は「息子の服のポケットに100元や50元札の玩具が入っていた」と語る。「人民元の図案を使うのは違法だし、教育にも良くない。取り締まる部署はないのかな」
 住民の女性も学校前の悪趣味玩具販売には反対だった。「子どもが相手だからといって、金儲けのやり方にも限度があるでしょう」
 西安教育学会の許建国会長は「青少年の教育には乱れた性に関する情報が大敵」と指摘。性器型玩具などは子どもの性に対する健全なとらえ方を損なう恐れもあるという。
 陝西省消防協会の職員は「法的な取り締まりの欠如が氾濫を助長している」と指摘。玩具に関する現行の法的規則は品質や安全性のみの内容に限られ、使用者の精神面にもたらす影響についてはノータッチの状態が続く。
 心理学の専門家は「生殖器は手足と違って露出するものではないことを保護者から教えるべき」と語る。子どもが所持している玩具を見ても動揺せずに身体部位への正しい認識を促すよう指導し、不健全な書籍や玩具を自主的に避ける感覚を普段から身に着けさせることが重要とのことだった。

 福建省省内紙『福州晩報』に奇妙な商品に関する情報が寄せられた。相談者の女性はネットショッピングの最中に突然画面が見知らぬアドレスへ飛び、「人体透視メガネ」なる商品が現れたという。
 「どんな服も透けると書かれていて、見え方の写真まで付いてる。説明が本当なら街中の人がみんな丸見えだわ」。問題のページにアクセスすると、メガネはアメリカ製で、最新の赤外線フィルターと赤外線発射器を使用していると説明されていた。「オールシーズンの使用可。夏服から冬服まで、綿シャツから毛皮のコートまで全部透けます」
 効果を再現した写真は公共場所の人ごみを撮影したもので、丸く囲まれた2つの部分のみ人の姿が裸になっていた。
 販売者の所在地は広東省広州市だが、注文受付のフリーダイヤルはなぜか浙江省杭州市の携帯番号だ。問い合わせてみると男性が応じた。
 商品は688元のメガネ型と788元のコンタクトの2種類があるという。メガネの外見は通常の度数が入ったものと同じため、購入者は多いとのことだ。「本当は販売が禁止されているため、注文時は一部前払い」
 ネット上を探すと同類の商品が多数見つかった。名称は様々だが効果はほぼ同じで、かけた時の視界を再現した写真もある。
 福建金?弁護士事務所の鄭弁護士は「商品が原因でプライバシー侵害の事件が起きれば、販売者にも責任がおよぶ」と指摘。「もちろん広告内容が嘘ならば詐欺罪」
 福州大学物理・情報工程学院電子科学科の教員は「今の技術ではかなり高価な赤外線透視機器を使えば人の衣服を透かして見ることは可能だが、身体の様子はぼんやりとした色のかたまり程度にしか見えない」と語る。全ての衣服が透けるという文句は科学的な根拠に乏しいため、購入者たちから覗き見られる心配は無用とのことだった。
 

熱に関連する単語の検索:小学生 玩具 流行

前の記事:全身で漕ぐ珍「自転車」人気 坂道も楽健康機器として発売
次の記事:電気ショックでミミズ乱獲 乾燥して製薬材料として販売

分享到: 收藏