中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

同じ上司の名前を書き残す…?最近、警察官による自殺が相次いでいる
2016-07-08 13:33:15   From:まとめ   コメント:0 クリック:

●田園調布署で、警察官が署内で拳銃自殺をした問題

警視庁田園調布署(東京都大田区)で昨年10月と今年2月、地域課の警察官が署内で拳銃自殺をした問題で、

2人の書き置きに同じ上司の名が記されていたことが捜査関係者への取材で分かった。

●事件の概要

21日午後10時半ごろ、東京都大田区の警視庁田園調布署5階トイレの個室内で、

同署地域課の男性警部補(53)が口から血を流して倒れているのを署員が発見、搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。

近くには拳銃が落ちていて、拳銃自殺を図ったとみられている。

・制服のポケットにメモが発見された

制服のポケットにメモがあり、1件目と同じ上司を含む男女3人の署員の名字が書かれていた。

同署では15年10月にも同課の男性警部補が同じ個室で拳銃自殺している。

・一方、男性の勤務態度に異変は見られなかったという

男性警部補は24年8月から同署勤務で、地域課では事務を担当。

・自殺後、上司の聞き取りで「パワハラはなかった」と判断された

同庁は、両方のケースについて自殺の原因を調査。

2人が自殺したあと警視庁は上司からの聞き取りなどを行いましたが、

仕事上のトラブルについて上司が厳しく注意したことなどは確認できたが、パワハラはないと判断

・公安委員会に再調査を依頼したが、同様の結論だったという

10月に死亡した警部補の遺族は同庁から調査結果の説明を受け、東京都公安委員会に再調査を依頼したが、同様の結論だったという。

遺族に対し「自殺の原因は不明で、30人ほどの署員に聞き取りをしたがパワハラはなかった」と説明した。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

田園調布署で53歳男性警部補が拳銃自殺 昨年10月も同じトイレの個室内で 警視庁 - 産経ニュース sankei.com/affairs/news/1…@Sankei_newsさんから おなじ署で? おかしいだろ!

田園調布署で53歳男性警部補が拳銃自殺 昨年10月も同じトイレの個室内で 警視庁 - 産経ニュース sankei.com/affairs/news/1…自殺に見せかけた殺人だろ。陰でパワハラが横行してるんじゃないのか?

これ問題あるでしょ RT @asahicom: パワハラはなし。警視庁は、田園調布署で相次いだ警察官の拳銃自殺を、そう結論づけました。ところが、2人の書き置きには同じ上司の名前が記されていました。asahi.com/articles/ASJ6T…

田園調布署自殺2警官、同じ上司批判のメモ 警視庁「自殺の原因は不明で、30人ほどの署員に聞き取りをしたがパワハラはなかった」朝日新聞 #パワハラ聴き取り の噂って故意じゃないかと思うほど拡がる。そんな環境で真実を語れるだろうか?asahi.com/articles/ASJ6T…

気味悪いな。同じ場所、同じ方法って、オカルトっぽいし裏がありそう。パワハラ含めRT自殺2警官、上司批判のメモ 警視庁「パワハラない」:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASJ6T…

これは放置しちゃいかんだろう。部下を自殺に追い込んだ上司が守られてちゃいかん。知ってて知らぬふりした周囲も同罪。いつか自分に返ってくるよ( ´△`) 自殺2警官、上司批判のメモ 警視庁「パワハラない」 smar.ws/9O09w #スマートニュース

自殺2警官、上司批判のメモ 警視庁「パワハラない」 2人も自殺してて遺書に同一の名前がある。なかったはずないだろ。 他の署員に対する聞き取りで証言が取れなかったってのが何より恐ろしい。asahi.com/articles/ASJ6T…

●この上司は、ふだんの言動に問題があるとして先月退職した

一方で、ふだんの言動に問題があったなどとして訓戒処分とし上司は先月退職したという

警視庁は「拳銃使用による自殺が相次いだ事実を重く受け止め職務に専念できる職場環境の構築に努めていきたい」とコメントしています。

・「訓戒処分」とは?

組織における軽度の処罰。訓戒。訓告。

職務上・経済上の不利益は特に生じない程度の、軽度の処分とされる。

●最近、警察官の自殺が相次いでいる?

・青森県警で「パワハラ」などと書いたメモを残し自殺した事件

 

青森県警の50代の男性警部が今月、「パワハラ」などと書いたメモを残して首をつって死亡していたことが7日、警察関係者への取材で分かった。

県警は現場の状況から自殺の可能性が高いとみて、関係者への聞き取りを進めている。

・自宅の部屋で首をつっているのを家族が見つけた

関係者によりますと、今月5日の午前、青森県警察本部に所属する50代の男性警部が

自宅の部屋で首をつっているのを家族が見つけ、その後、死亡が確認されました。

かばんからは上司の肩書と「パワハラ」と書いたメモなどが見つかっている。

同課は「自殺の可能性が高いが、客観性を持たせるために背景などを調べており、コメントできない」としている。


熱に関連する単語の検索:上司 警察

前の記事:美智子さまがラップ!?皇室の方々のちょっと意外な一面とは
次の記事:何これ!?Twitterで見つけた『理系男子』が想像以上に凄かった…。

分享到: 收藏