中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

観客動員数ワーストも更新...巨人の人気低迷がかなりヤバいみたい
2016-10-07 12:31:58   From:まとめ   コメント:0 クリック:

かつて野球と言えば「巨人」だった

プロ野球は常に巨人中心に回るように動いてきた

巨人戦のテレビ放映権を収益の柱に、球団は親会社の広告塔として、少々の赤字には目つぶる歪んだ経営がまかり通っていた

巨人の人気低迷がかなりマズいみたい

 

近年は、地上波中継がほとんどなくなり、デーゲームも全国中継ではスポンサーがつかず、関東地区のローカル放送になってしまうなど、巨人の人気は伸び悩んでいる

巨人戦のチケットが試合当日まで売れ残っているというのは、ひと昔前は考えられなかったことである

過去の日本一人気球団は巨人だったが、今は人気第一は阪神に変わった

プロ野球自体の観客動員数は好調なのに...

 

近年、プロ野球のテレビ視聴率の低迷が叫ばれているが、その一方で入場者は増えている

観客動員を見ると、人気低迷どころか史上空前といってもいいほどの野球人気が訪れている

12球団合計で1992万4613人だった観客動員数は、東日本大震災後の落ち込みはあったものの、12年から右肩上がりになっている

かつてはあまり人気のなかったパ・リーグも絶好調

 

かつて閑古鳥が鳴いていたパ・リーグの球場が、今は日常的に満員になるからだ

最近、ドラフトで話題性のある高校生は、ほぼパ・リーグに入団しています

パ・リーグはレギュラーシーズンが終了した5日、交流戦を含む今季の観客動員数を発表し、総観客数は1113万2526人で、2年連続で過去最多を更新した

巨人の観客動員数はふるわない

巨人はセ・リーグ最多の観客動員数こそ死守しましたが、リーグで唯一、前年比マイナスでした

2万5397人――。9月27日、東京ドームで行われた巨人―中日戦は、実数発表以来最少となる観客動員数を記録した

実数発表となった2005年以降でワーストだった11年10月4日の横浜(現DeNA)戦の3万2584人を大きく下回った

視聴率も良くないみたい

大久保社長は「うーん、まあ、そうですね」と言葉を選びながらも「残念に思っています。とてもこのままでいいとは思っていません」

局内で開かれた定例会見で低視聴率が続く巨人戦中継について「下がっているのは事実」「残念に思っている。このままではいいと思っていない」と発言

かつてドル箱といわれ、全試合放送があたりまえだった巨人戦中継。しかし視聴率低迷で制作費も莫大となれば、いつ終了となってもおかしくはない

▼なんで、人気が低迷してしまった?

スター選手がいない

 

現在のプロ野球界で一番のスターは日本ハムの大谷翔平ですが、残念ながら、今の巨人には、そういう選手がいません

巨人に入団してしまうと、メジャーへ行きづらくなり、少なくとも若いうちの挑戦は難しい

スター候補生を生え抜きから育てないからだよ。現在の巨人で最後のスターは原だったんじゃないかな?

賭博問題で信頼を失ったという意見も

巨人は野球賭博をきっかけに世間やマスコミからも徹底的に叩かれ、これまでの信用も失墜するだろう

野球賭博のずさんな聞き取り調査の結果は、彼らの更なる怒りを買う。巨人の影響力はいよいよ地に落ちることになる

高橋監督はサービス精神がないと指摘されることも度々ある

高橋監督もマスコミに多くを語らず、サービス精神はゼロ

高橋監督は、現役時代から苦虫を噛み潰したような表情がトレードマークでサービス精神旺盛とは言い難かったが、それは今も変わらない

マスコミの囲み取材を受ける高橋由伸新監督(40)の表情はいつも硬く、サービス精神はゼロのようだ

活躍した選手のプレーに関する批評を求められても「まあまあです」「あれぐらいやれて当然だと思います」などと基本的に手放しで賞賛するようなことはせず気の利いた発言はほとんど口にしない


熱に関連する単語の検索:巨人

前の記事:福島原発周辺のダム、底土から高濃度の放射性物質が検出
次の記事:一体なぜ‥大分で24歳女性の行方不明に心配する声が上がっている

分享到: 收藏