中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

独、英のEU脱退言論を批判
2013-01-25 15:28:36   From:   コメント:0 クリック:

 先ごろ、イギリスのキャメロン首相は、イギリスがEUから脱退するかどうかを国民投票で決定すると発表しましたが、これが、ドイツの政治界...
 先ごろ、イギリスのキャメロン首相は、イギリスがEUから脱退するかどうかを国民投票で決定すると発表しましたが、これが、ドイツの政治界から強い批判を浴びています。

 ドイツのヴェスターヴェレ外相は、「EUは一つの運命共同体であり、すべての政策がブリュッセル(EU本部)で決定されるわけではない。EUの政策に対してあれこれと選り好みをするのは効果がない」とし、イギリス政府の態度を批判しました。ヴェスターヴェレ外相は、「イギリスは積極的にEUに残るべきであり、自国にとってだけ有利な政策を選ぶべきではない。欧州にとって必要なのは、一体化の強化であり分裂ではない」と強調しました。

 ドイツのメルケル首相は、「建設的な会談でこの問題を解決し、引き続き、イギリスが重要な位置付けと積極的なメンバーとしてEUに残ることを希望している」と語りました。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:米、朝鮮の核実験準備に強く反応
次の記事:米軍艦がサンゴ礁に座礁、フィリピンは賠償要求へ

分享到: 收藏