中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

日本・原発事故のセシウム漏れ、深海に到達
2013-06-10 09:51:41   From:   コメント:0 クリック:

日本海洋研究開発機構は5日、福島第一原子力発電所の事故発生から1ヶ月後、事故で漏れた放射性セシウムがすでに約2000キロメートル以...

   日本海洋研究開発機構は5日、福島第一原子力発電所の事故発生から1ヶ月後、事故で漏れた放射性セシウムがすでに約2000キロメートル以上離れた北太平洋の深海まで到達したと宣言した。

 2011年4月上旬、原子力発電所から約2000キロメートル、水深4810メートルの所で放射線監視装置が放射性セシウムを検出した。研究チームは、深海では、放射性セリウムは1日あたり180メートル以上の速度で沈下するものとみなしている。

熱に関連する単語の検索:原発事故 セシウム漏れ 深海

前の記事:朝鮮、9日に朝韓当局が仕事上の接触を行うことを提案
次の記事:日仏、「相互信頼の特別なパートナーシップ」を構築

分享到: 收藏