中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

米、北朝鮮の対話意思「探っている」 国務長官が訪中
2017-09-30 22:34:19   From:日経   コメント:0 クリック:

 ティラーソン米国務長官は30日、北京を訪問して中国の習近平国家主席と会談した。11月に予定するトランプ米大統領の訪中に向けた調整が主な目的で、北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐり圧力強化を求めたもようだ。中国側によると習氏は「両国は国際社会や地域の重大問題で意思疎通と協調を強化しなければならない」と述べ、一定の協力をする考えを示した。

 

会談に臨むティラーソン米国務長官(左)と中国の習近平国家主席(30日、北京の人民大会堂)=ロイター

会談に臨むティラーソン米国務長官(左)と中国の習近平国家主席(30日、北京の人民大会堂)=ロイター

 中国国営新華社通信によると習氏は「トランプ氏の11月の訪中をとても重視している。共に努力して成功させよう」と呼びかけた。ティラーソン氏は「中国と協力して国際社会や地域が直面している問題に対応していきたい」と応じた。新華社電は北朝鮮に関する具体的なやりとりは報じていない。

 ロイター通信によるとティラーソン氏は30日、北朝鮮に対話の意思があるか「探っている。意思疎通のラインはある。真っ黒な状況ではない」と記者団に語った。

 同氏は30日、外交トップの楊潔篪国務委員(副首相級)、王毅外相ともそれぞれ会談した。北朝鮮問題のほか、対中貿易赤字の削減や南シナ海問題も取り上げたとみられ、北朝鮮問題と関連づけて取引を迫った可能性がある。習氏は「互いの核心的利益を尊重したうえで、立場の違いや敏感な問題を適切に処理しなければならない」と述べ、中国の主張への配慮を求めた。

 中国はティラーソン氏の訪中を控えた9月下旬、北朝鮮への圧力強化策を矢継ぎ早に打ち出した。石油精製品などの輸出を10月から制限すると発表し、北朝鮮の個人・企業が中国に設けた合弁企業には来年1月までに閉鎖するよう通知。大手銀行が北朝鮮人の口座サービスを停止するなど、事実上の単独制裁といえる措置にも踏み切った。米国が求める圧力強化へ協力姿勢を示した。

 トランプ氏は一連の対応について「習国家主席に感謝したい」と評価。米国務省の報道官も米中が一体となって圧力をかけていると強調した。ただ、北朝鮮の挑発行為がやむ気配はない。韓国メディアは30日、北朝鮮に新たな中長距離ミサイル発射の兆候があると伝えた。米側は一段の圧力強化を求めている。

 習指導部は幹部人事を刷新する5年に1度の共産党大会の開幕を10月18日に控える。直後に予定するトランプ氏の訪中を米中関係の安定を象徴する行事と位置づけるだけに、準備段階で綻びを見せるわけにはいかない。

 一方で、北朝鮮に強硬すぎる措置をとれば、難民が中国側に押し寄せるとの懸念もなお強い。タマネギの皮を1枚ずつむくような小出しの圧力強化に応じる一方、対話を通じた平和的解決を求める立場を当面維持するとの見方が多い。

熱に関連する単語の検索:意思

前の記事:平昌冬季五輪の開・閉会式場が完成 3.5万人収容
次の記事:北朝鮮がミサイル搬出か 韓国軍警戒 地元メディア報道

分享到: 收藏
コメントのランキング