中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

韓国「威嚇飛行行う」と強硬姿勢 冷静対応求める意見も
2019-01-16 19:18:55   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題で、韓国軍関係者は16日、シンガポールで14日に開かれた日韓防衛当局の実務協議で「日本が威嚇的な低空飛行をするなら座視せず、私たちも同様に行う用意がある」と日本側に伝えたと明らかにした。強硬姿勢を強めており、韓国内では両国に冷静な対応を求める声が出ている。

 韓国側は照射を否定し、哨戒機が低空の威嚇飛行を行ったと主張。日本側と主張が食い違っており、実務協議は双方の溝が埋まらないまま終了した。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:新たな中米移民集団が北上開始 1000人規模か
次の記事:平和条約問題、米国を巻き込もうとする日本をロシアがけん制

分享到: 收藏