中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

中国政府奨学金を得た日本人学生138人、近く中国留学
2019-08-21 19:33:46   From:   コメント:0 クリック:

16日、在日中国大使館敎育処で開かれた奨学金留学生壮行会で乾杯する出席者。
中国政府奨学金留学生壮行会、東京で開催

 16日、在日中国大使館敎育処で開かれた奨学金留学生壮行会で乾杯する出席者。

 中国政府の奨学金を得て9月から中国各地の大学で学ぶ日本人学生の壮行会がこのほど、東京の在日中国大使館敎育処で開かれ、奨学金留学生や日本政府関係者、留学支援組織の関係者など約80人が出席し、門出を祝った。

中国政府奨学金留学生壮行会、東京で開催

 16日、在日中国大使館敎育処で開かれた奨学金留学生壮行会であいさつする在日中国大使館の胡志平(こ・しへい)公使参事官。(東京=新華社配信/橋口いずみ)

 在日中国大使館の胡志平(こ・しへい)公使参事官はあいさつで、昨年、中国から日本への留学生は約11万5千人で、日本からの中国への留学生は約1万4千人だったと紹介し、留学生交流は両国の今後の発展にとって大きな存在だと強調。中日両国は現在、良好な関係にあり、特に若者の人的交流には大きな役割が期待されていると述べ、「キャンパス内の勉強だけでなく、留学という機会を利用し、交流を通じて中国への理解を深め、両国の友好関係発展に貢献してほしい」と語った。

 日中友好協会の永田哲二常務理事は「留学は留学生自身だけでなく、日中両国の将来にも極めて大きな意義がある」と指摘。専門分野で大きな成果を上げるとともに、現地の人々との交流などを通じて中国の歴史、文化に触れ、目覚ましい発展が進む社会を見て、さらに見聞を広めてほしいと激励した。

中国政府奨学金留学生壮行会、東京で開催

 16日、在日中国大使館敎育処で開かれた奨学金留学生壮行会で学生を代表して発言する西島光洋さん。(東京=新華社配信/橋口いずみ)

 壮行会には50人余りの奨学生が出席し、代表の2人が留学計画などを発表した。

 東京工業大学の西島光洋さんは、中学3年生の時に初めて中国語の歌のような旋律を耳にし、以来、中国語に魅せられた。9月からは清華大学で修士課程研究生として中国語と機械学習を研究する。「留学後、研究者になるか就職するか迷っているが、いずれは中国で働きたい。目標実現のために、今回の留学で専門と語学を向上させたい」と意気込みを語った。

中国政府奨学金留学生壮行会、東京で開催

 16日、在日中国大使館敎育処で開かれた奨学金留学生壮行会で学生を代表して発言する外舘祐希さん。(東京=新華社配信/橋口いずみ)

 浙江大学に普通進修生として留学する津田塾大学4年生の外舘(とだて)祐希さんは、昨年中国を訪れた際、自身が抱いていたイメージと現実とのギャップに大きな衝撃を受けたと述べ、「留学で中国の多様性を知り、中国について自分の言葉で話せるようになりたい」と目標を語った。

 今年は112人がこの奨学金制度を利用し、中国の大学で言語や歴史、経済、医療などさまざまな専門分野を学ぶ。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:米空港の上空にドローン、一時離陸を中止
次の記事:日本3大通信キャリアがファーウェイ携帯電話の販売再開

分享到: 收藏