中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

欧州政界は米国の盗聴行為を「受け入れられない」と批判
2013-10-25 15:55:18   From:新華網日本語   コメント:0 クリック:

【新華社ブルュッセル10月25日】24日に開催されたEUサミットで、欧州諸国の指導者が米国の欧州の公民と政府要人に対する盗聴行為に対し「受け入れられない」と相次……
【新華社ブルュッセル10月25日】24日に開催されたEUサミットで、欧州諸国の指導者が米国の欧州の公民と政府要人に対する盗聴行為に対し「受け入れられない」と相次いで批判した。フランスをリーダーとする加盟国は今後にかけて、データ・情報安全性保護法案の成立を推進していきたいと表明した。

  ドイツのメルケル首相は当日、サミット会場入りした際に、米国の欧洲の同盟国に対する盗聴行為は受け入れられないと述べた。

  米国の監視プログラム「PRISM」が明るみになった後、米国は長期長期にわたってEUとEUの多数の加盟国に盗聴、インターナット侵入行為をするということも報じられた。EU加盟国はプライバシーへの二度侵害を防止するため、関係立法について討論を行うとしている。フランスはEUサミットでデータ情報保護分野の新法規を成立させる意向を明確に示した。

  フランスのエロー首相はこのほど、オランド大統領に「監視ゲート」をEUサミットの議題の1つにすることを強く求めると共に、個人情報保護の規則を設けることをEUに要求した。エロー首相はさらに、なぜなら、「これはフランスだけの問題ではなく、欧州全体の情報の安全性が試練に立たされているためだ」と語った。

  欧洲議会のマーティン・シュルツ議長は当日、今はEUが一致団結して盗聴がボーダーラインに抵触したことを米国に訴えかける時だと表明した。

熱に関連する単語の検索: 政界

前の記事: 韓国、「独島の日」に軍事演習
次の記事:韓国、「独島の日」に公開訓練

分享到: 收藏