中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

オバマ米大統領:「国際秩序、試練の時」 欧州歴訪の総括演説、露を批判
2014-03-27 17:45:30   From:毎日新聞   コメント:0 クリック:

オバマ米大統領は26日、ブリュッセルで欧州歴訪の総括演説をし、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島編入で「欧米が何世代にもわた

  オバマ米大統領は26日、ブリュッセルで欧州歴訪の総括演説をし、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島編入で「欧米が何世代にもわたり作り上げた国際秩序が試練のときを迎えている」と述べた。クリミア問題は民主主義、個人の尊厳、法の支配など欧米が「共有する理想」への挑戦だと強調。無関心をやめて対処すれば「人権を求める声は必ず勝利する」と、欧米の結束を呼びかけた。

 演説は欧州の若い世代向けで、民主主義や人権尊重を求める理想と、圧政が競合してきた欧州の歴史を振り返り「現状を決して当然と思ってはならない。ウクライナの市民はそれを求めている」と注意喚起した。

 さらに、民主主義や自由な経済、個人の尊重は普遍的な価値であり、市民の声を無視し暴力で国境線を変えることがあってはならないと強調。ロシアが編入で非難されるのは、欧米が尊重してきた国際法に違反しているためであり「理想への挑戦だ」と断罪した。

 欧米が結束してロシアに圧力をかける一方、外交解決の道を残す方針を改めて強調。「ロシアの人々は、残忍な暴力によって安全や繁栄を得ることができないと悟ることになる」と話した。

 さらに「欧米もウクライナを支配する意思は毛頭ないし、北大西洋条約機構(NATO)も領土ではなく自由を求めている。もう一つの冷戦に突入するつもりもない」と、ロシアの憂慮を否定した。

 国際社会は、国際的な責任を果たす「強いロシア」を求めていると述べた。

熱に関連する単語の検索:欧州 秩序

前の記事:日米韓会談へ微妙な影=朴大統領、中国に同調
次の記事:北朝鮮からとみられる無人機、韓国大統領府の上空を飛行

分享到: 收藏