中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

アイカーン氏、インサイダーの疑いでFBIとSECが捜査=関係筋
2014-06-02 09:43:06   From:   コメント:0 クリック:

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)と証券取引委員会(SEC)は、著名投資家のカール・アイカーン氏らをイ



[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)と証券取引委員会(SEC)は、著名投資家のカール・アイカーン氏らをインサイダー取引の疑いで取り調べる見通しだ。関係筋が明らかにした。

捜査対象とされるのはアイカーン氏のほかに、プロゴルファーのフィル・ミケルソン氏と、ラスベガスの有名賭博師ウイリアム・ウォルターズ氏。2人は、公開企業に対するアイカーン氏の非公開の投資情報を本人から得て、これに基づき違法な取引をした疑いが持たれている。

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、ウォルターズ氏はミケルソン氏とゴルフをすることが多く、アイカーン氏とは共通の友人を通じて知り合った。

アイカーン氏は2011年、消費財メーカーのクロロックス(CLX.N: 株価, 企業情報, レポート)に対し買収提案をしており、不正取引は提案前に同社の株式オプションに関して行われたとみられている。乳製品大手ディーン・フーズ(DF.N: 株価,企業情報, レポート)にからむ不正取引の疑いもあるという。

3人からのコメントは今のところ得られていない。FBIとSECはコメントを拒否した。


熱に関連する単語の検索:

前の記事:ウクライナ国境付近のロシア軍、3分の2が撤収中=NATO
次の記事:ウクライナの民間武装勢力、停戦に同意

分享到: 收藏