中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

日米韓が合同海上訓練、米空母も参加 北は「核強化」と反発
2014-07-22 07:59:47   From:   コメント:0 クリック:

【ソウル=名村隆寛】日本の海上自衛隊と米韓海軍による3カ国合同海上訓練が21日、朝鮮半島南方の公海で始まった。毎年定期的に行われて
【ソウル=名村隆寛】日本の海上自衛隊と米韓海軍による3カ国合同海上訓練が21日、朝鮮半島南方の公海で始まった。毎年定期的に行われているもので、16日からの米韓合同訓練に続くもの。捜索救助活動が中心。米原子力空母ジョージ・ワシントンも参加し、22日も実施される。

 日本の集団的自衛権行使容認の閣議決定に、韓国では世論の懸念がくすぶっている。こうした中、日米韓の現実的な協力関係を維持する必要性も指摘されており、訓練で3カ国関係を再確認したかたちだ。

 北朝鮮は一連の訓練に米空母が参加していることなどに反発。朝鮮労働党機関紙、労働新聞(21日付)は「三角軍事同盟を完備し、アジア太平洋地域への包囲網を形成するのが訓練の目的だ」とし、「ときがたつほど、わが方の核戦力はいっそう強化される」と警告した。

熱に関連する単語の検索:合同

前の記事:外交部、マレーシア機の墜落事件に中国は緊急マニュアル発動
次の記事:东京から、ガザへ祈り 停戦求め市民ら紧急集会

分享到: 收藏