中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

安保理决议 原因究明の“国际的调査”采択
2014-07-22 12:52:40   From:   コメント:0 クリック:

ウクライナ东部で、マレーシア航空の旅客机が撃坠された事件を巡って、国连の安全保障理事会では、原因の究明に向けて国际的な调査を行い、
ウクライナ东部で、マレーシア航空の旅客机が撃坠された事件を巡って、国连の安全保障理事会では、原因の究明に向けて国际的な调査を行い、各国に协力を求める决议が、ロシアも含む全会一致で采択されました。
国连の安全保障理事会では21日、マレーシア航空机の撃坠事件で多くの犠牲者が出たオーストラリアなど20か国以上が共同提案した决议案が采决され、全会一致で采択されました。
决议は、民间航空机の乗客と乗员が犠牲になった事件を强く非难したうえで、原因の究明に向けてICAO=国际民间航空机関などによる彻底した调査が行われるべきだとして、各国に协力を求めています。
また、亲ロシア派の武装集団に対して坠落现场への无制限なアクセスを求めるとともに、犠牲者の遗体が适切に収容されるよう强く求めています。
会合に出席したオーストラリアのビショップ外相は强い调子で事件への愤りを表明し、「われわれは真相が究明され犯罪者が裁かれるまであらゆる手段を尽くす。犠牲者が皆、国に戻るまで决して引き下がらない」と述べ、ロシアに対しても武装集団に働きかけるよう强く求めました。
これに対してロシアのチュルキン国连大使は、国际的な调査の必要性を认め决议への支持を表明する一方で、「事件のあとウクライナは东部への军事作戦を强化している。こうした事件を防ぐには一刻も早く暴力を止めることが必要だ」と述べ、改めてウクライナ侧をけん制しました。

熱に関連する単語の検索:决议 事件

前の記事:东京から、ガザへ祈り 停戦求め市民ら紧急集会
次の記事:中国・ベネズエラ関係、包括的・戦略的パートナーシップに格上げ

分享到: 收藏