中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

米军络みの事件・事故、日本が3.8亿円赔偿
2014-08-13 07:57:09   From:   コメント:0 クリック:

米军が関系する事件・事故が、昨年度までの10年间に国内で少なくとも约1万件起き、日本が负担した被害者への赔偿金は约3亿8千万円以上
米军が関系する事件・事故が、昨年度までの10年间に国内で少なくとも约1万件起き、日本が负担した被害者への赔偿金は约3亿8千万円以上に上ることが、防卫省の统计などでわかった。日本侧に责任がないケースも多いとみられるが、日米地位协定で负担率が决まっているためだ。米军基地が集中し、発生件数の半数を占める冲縄では、协定改定を求める声が根强い。

 防卫省や冲縄県によると、2004~13年度、米军机の坠落や米军人・军属による交通事故や强盗、性犯罪などの事件・事故は、公的な赔偿の対象になりうるものだけで、公务中2138件、公务外7824件の计9962件が発生。うち约48%が冲縄で起きていた。

 住民ら被害者への赔偿金は计约20亿3千万円で、うち公务中の事件・事故は约15亿円。日米地位协定は、公务中のものなら米军侧に责任があっても、日本政府が25%を负担すると定めている。双方に责任があれば负担率は50%。日本は25%か50%を支払う仕组みだ。

熱に関連する単語の検索:事件

前の記事:野良犬を訓練し市内警備に活用へ、インド首都
次の記事:<国产ステルス>1月初飞行、4年で実用化判断…三菱重方针

分享到: 收藏