中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

WHO、エボラ出血熱の重大性喚起
2014-08-25 09:24:50   From:   コメント:0 クリック:

世界保健機関(WHO)は22日、ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで声明を発表し、「現在、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱の重大

  世界保健機関(WHO)は22日、ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで声明を発表し、「現在、西アフリカで感染が拡大しているエボラ出血熱の重大性が過小評価されている」と述べました。

   世界保健機関は「エボラ出血熱の予防と治療に関する理解が欠けているうえ、診断後に排除されることを心配し、一部の家庭でエボラ出血熱の患者を匿ったり、感染を否定したり、或いは報告をせず死因不明の遺体として埋葬したりしている。更に、抵抗感と交通の便が悪いといった原因で、一部の地域ではうわさが流れたり、検査が未だに実施されていないところがある」と指摘しました。

   世界保健機関は「現在、エボラ出血熱は依然として蔓延しており、予防と治療は大きな挑戦に直面している。また、西アフリカ地域の医療スタッフの人数、医療サービス、医療設備や予防設備なども不足している」としています。

   世界保健機関は、向こう6~9ヶ月間にわたる対策計画の草案の作成に取り組んでおり、各国の具体的な状況に基づき、各地域に具体的な対策を講じるとし、対策計画は来週、公開するとしています。

(中国国際放送局) 

熱に関連する単語の検索:WHO

前の記事:米国に対中接近偵察の停止促す 中国国防部
次の記事:SCO加盟国による合同軍事演習が内モンゴルでスタート

分享到: 收藏