中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

世界の有名なゴーストタウン、日本からも入選
2015-01-23 08:05:58   From:中国網日本語版   コメント:0 クリック:

1 台湾の三芝飛碟屋 飛碟屋の中には中国風の城門、バラバラになった龍、正方形のゴーストハウスがある。至る所落書きだらけで、映画の麻薬

1.台湾の三芝飛碟屋

  飛碟屋の中には中国風の城門、バラバラになった龍、正方形のゴーストハウスがある。至る所落書きだらけで、映画の麻薬売買のシーンのようだ

 

2.地震で失われた都市、イタリアのバレストリーノ

 バレストリーノは特殊な例で、確かな情報がほとんど得られない。

 

3.長崎県長崎市の端島(軍艦島)

  炭鉱の遺跡が残る端島は長崎県の505の無人島の一つで、長崎市から15キロ離れている。島の外観が軍艦に似ていることから、軍艦島とも呼ばれる。

  軍艦島は2003年に公開された「バトル・ロワイアルⅡ鎮魂歌」のロケ地であり、アジアを風靡したゲーム「Killer7」のインスピレーションもここから得られたという。
 

4.キプロスのヴァローシャ

  ヴァローシャはキプロスのFamagustaに位置し、トルコ人に占領された。ヴァローシャは現代的な観光都市、世界で最も豪華なレジャーの聖地であった。トルコは1974年にキプロスを攻撃し、この島を占領した。現地の住民は逃走し、故郷に戻る日を待ちわびている。
 

5.米ペンシルバニア州のセントラリア

  ジョナサン・ファウストは1841年にセントラリアでブルズヘッド・タヴァーンと呼ばれる酒場を開いた。セントラリアは1866年に合併され、自治区となった。現地の主要産業は無煙炭だが、1960年代に多くの企業が生産を停止した。1962年、毎週のゴミ焼却で露天の炭鉱に引火し、大火災が発生した。火は消化されず、60−70年代に渡り燃え続けた。これにより一酸化炭素が発生し、多くの人の健康に深刻な影響を及ぼした。
 

6.日本の屋島

  80年代中頃、日本経済は高度発展を迎えた。高松市の人々は高原を観光業発展の絶好の地と考え、この神聖な土地の開発に巨額の資金を費やした。6軒のホテル、多くの公園、旅行ルート、さらには水族館まで建設された。しかし一部の人は、屋島を魅力的だとは感じなかった(特に石英)。観光客が減少し、巨額の損失が発生した。すべてのホテルと商店が閉店を余儀なくされ、屋島の高所に向かうケーブルカーも稼働停止となった。

 

7.イタリアのクラーコ、地震と戦争で失われた都市

  クラーコはバジリカータ州マテーラ県に位置する。1892−1922年の30年間で、1300人以上が北米に移住した。原因は農作物の不作、地震、地すべり、戦争だ。1959−1972年は地震と地すべりが多発し、人々を苦しめた。1963年、残されていた1800人の住民が隣接集落「Craco Peschiera」に移住した。当初のクラーコは現在、廃墟と化している。

 

8.米カリフォルニア州のボディ

  ボディは1876年に建設された、米国の正真正銘のゴーストタウンだ。周辺地域で鉱産物が多く採れることから人が殺到した。ボディは当初、小さな採鉱の都市だった。ボディの鉱業は1880年に約1万人規模に発展し、ピークを迎えた。最盛期には、メインストリートに65軒のサロンが立ち並び、数百人の中国人が暮らす中華街もあったほどだ。

  現在ボディには人が暮らしていない。ボディは1961年に、国の史跡に指定された。1962年、最後の住民がこの地を離れた。ここはボディ・カリフォルニア州立歴史公園と呼ばれている。

 

9.ウクライナのプリピャチ

  プリピャチは廃棄された都市で、ウクライナの首都キエフの北に位置し、ベラルーシとの国境に近い。この都市の約5万人の人口のほとんどが、チェルノブイリ原発事故の労働者だった。

  1986年に発生したチェルノブイリ原発事故で、プリピャチは放射能の脅威にさらされ、放棄された。その後長期に渡り、プリピャチは博物館のように保存され、旧ソ連の生活の一部をそのまま留めていた。しかし21世紀初頭に略奪にあい、ほぼすべての物が盗まれ、便座さえ残されなかった。人々は長年に渡り、この都市が居住に適していないと考えていた。

 

熱に関連する単語の検索:日本 世界

前の記事:中国軍エボラ熱救援医療チームの生活を全公開
次の記事:イスラム国による人質事件、日本自衛隊の海外派遣に影響か

分享到: 收藏