中国語  日本語
ホーム > 国際 > 記事全文

中日の戦闘機を比較 F-2は長距離戦でJ-10に勝る=米誌
2015-10-16 09:16:24   From:中国網日本語版   コメント:0 クリック:

中国のJ-10戦闘機日本のF-2戦闘機中国のSu-27、J-11戦闘機、日本のF-15Jホークはよく知られているが、単発多用途戦闘機は余り知られていな


 

中国のJ-10戦闘機
 

 

日本のF-2戦闘機

中国のSu-27、J-11戦闘機、日本のF-15Jホークはよく知られているが、単発多用途戦闘機は余り知られていない。中国のJ-10は、中国初の現代的な多用途戦闘機で、改良版のJ-10Bもすでに就役している。日本のF-2多用途戦闘機は、2000年から就役している。米ナショナル・インタレスト誌が伝えた。

三菱重工とロッキード・マーチンが共同開発したF-2は、F-16をベースに適度に大型化されている。翼の面積は25%増加し、「GE F110」エンジン、日本が開発した世界初の量産型フェーズドアレイレーダー「J/APG-1」を採用。三菱のAAM-3、AAM-5赤外線誘導空対空ミサイル、AAM-4レーダー誘導空対空ミサイルを搭載。F-2は迎撃任務を遂行し、ASM-2対艦ミサイルを最大4発搭載できる。

J-10戦闘機はデルタ翼、ロシア製の「サトゥールン AL-31」ターボファンエンジンを採用し、11カ所のハードポイントを持つ。空対空の作戦に用いるPL-9赤外線誘導空対空ミサイル、PL-12レーダー誘導ミサイル、ロシア製のGSH-2323ミリ機関砲を搭載。また各種レーザー・衛星誘導爆弾を搭載できる。

F-2の作戦半径は520マイルで、J-10の340マイルと比べ、長距離戦が得意だ。F-2はAAM-4Bミサイルを見透し外発射してから、Uターンし加速することで撤退できる。J-10は短距離戦に持ち込むことが出来れば、赤外線捕捉・追跡能力により優勢を占めることができる。これはJ-10とF-2に、それぞれの長所と短所があることを意味する。F-2は長距離戦でJ-10の生存空間を狭めることができるが、短距離戦の場合は立場が逆転する。

熱に関連する単語の検索:中日 米誌

前の記事:ブルガリアの男子学生、スタバのカップに絵を描く
次の記事:美しい!オーストラリアの絶景

分享到: 收藏