中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

「心に映る中国」訪中日本人観光写真コンテスト 受賞作品発表
2016-08-01 16:03:50   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

7部門の受賞作品が選ばれた。発表された受賞作品は以下の通り。

昨年10月末から始まった「心に映る中国」訪中日本人観光写真コンテストは大詰めを迎え、ネットユーザーの投票と審査グループによる選出、さらに中日の写真専門家5名による審査を経て、特等賞、一等賞、二等賞、三等賞と人気賞を含む合計7部門の受賞作品が選ばれた。発表された受賞作品は以下の通り。



    特等賞(大使賞)

作品:五明仏学院の夕暮れ

作者:鈴村雄誠

賞品:4泊5日ペア·中国人気二大水郷の旅

(上海+烏鎮+北京の古北水鎮)



 

一等賞(人民網賞)

作品:6千〜7千m級の連山を空撮

作者:T.IDA

賞品:東京/大阪⇋北京ペア·往復航空券



 

二等賞

作品:砂の曲線

作者:砂漠に吹く風

賞品:Hisense 55インチハイビジョン液晶テレビ


 

三等賞

作品:北京天壇の輪郭

作者:周末摄影师太郎

賞品:3泊4日ペア·桂林の旅スペシャルプラン



 

三等賞

作品:世界の果てまで続く道

作者:冨田岳陽

賞品:3泊4日ペア・上海フリープランの旅



 

人気賞

作品:緑江の朝

作者:渡邉理恵

賞品:HUAWEIスマートフォン



 

人気賞

作品:上海静安寺の満月

作者:長澤靖浩

賞品:北京五つ星ホテルのペア宿泊券

    同コンテストは、人民網と中国国家観光局が主催し、在中国日本大使館が後援。日本人観光客の視点から、中国の風土・人情を捉え、旅行愛好家や写真愛好家の中日両国のネットユーザーに共有と交流の場を提供するとともに、より多くの日本人が中国を訪れ、中国を肌で感じることのできる窓口を提供することを目的としている。

7ヶ月にわたり作品が募集された同コンテストでは、1千点以上の作品が寄せられた。東は長江の最下流から西は広大な砂漠、北は雪と氷に覆われた地域から南は常夏の島まで、日本人観光客の足跡は中国各地に広がっている。近年、観光資源の開発やアクセスの整備が進むにつれ、新疆維吾爾(ウイグル)自治区や青海省、雲南省、四川省など内陸の地域も日本人観光客に人気となっている。人気の北京や上海などの都市のほか、今回のコンテストでは、中国西部地域で撮影された作品がたくさん寄せられた。応募者は、カメラで絶景を捉え、その感動を言葉で伝えて、ビジュアルの祭典を提供して、違った角度から見た「中国」を見せてくれている。

9月上旬に東京で開催予定の同コンテストの授賞式では、受賞者や中日の旅行愛好家、写真愛好家などが顔を合わせ、写真のテクニックや手法を共有し、交友を深めながら未来について語り合う。
 


 

 


熱に関連する単語の検索:中国 中日 作品

前の記事:『ハリー・ポッター』シリーズは最新作「呪いの子」で終了 原作者が言及
次の記事:日本の「暗黒舞踏」が天津で公演

分享到: 收藏