中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

解散してたかも!?危機を乗り越えたNEWSのグループ愛が感慨深い
2016-08-18 15:00:39   From:まとめ   コメント:0 クリック:

今年も24時間テレビの時期がやってきました

毎年多くの感動と視聴率をもたらすことでおなじみ、「24時間テレビ」。

今年のテーマは『愛 ~これが私の生きる道~』。

毎年恒例のチャリティーマラソンランナーには落語家の林家たい平が決定している。

パーソナリティーはNEWSに決定

出典otowota.com

 

『24時間テレビ39 愛は地球を救う』のメインパーソナリティーに、ジャニーズの4人組、NEWSが務めることになりました。

NEWSにとって24時間テレビの パーソナリティーは2度目。

1度目は2009年だった!

NEWSが6人時代の24時間テレビin東京ビッグサイトがHDDにまだ残っていたので深夜のしゃべくり投下*\(^o^)/* #NEWS #24時間テレビpic.twitter.com/b4HqHBaNjk

そう・・・NEWSはメンバーの脱退が相次いだグループだった

「新しい情報」という意味と、四方の頭文字(NORTH、EAST、WEST、SOUTH)をとり、国際的な活躍をしていくよう期待をこめて命名された

デビュー直後に森内が学業に専念するため脱退(事務所も退所)、2~3年目には内と草野が不祥事を起こしてしまい、最終的にはジャニーズ事務所の研修生に降格・脱退。

2003年に9人体制でデビューしたNEWSだが、2006年に6人体制になり、1年間の活動休止。

2006年2月、未成年メンバーの不祥事の連帯責任としてNEWSの活動休止が決まると、個人活動においては“NEWS”の名前がタブー扱いに。

一難去ってまた一難...1位、2位を争うメンバーの脱退

11年には山下智久(29)、錦戸亮(30)も脱退し以降は4人で活動している。

6人の頃は、この山下と錦戸がいわば2トップ的な存在でした。人気もずば抜けていたため、2人が抜けた当初は残る4人での活動に不安の声も多かったようです。

話し合いの中で「解散」という選択肢が浮上したこともあったという。しかし、出した答えは2人の脱退。

しかし、ここからが辛かった!

4人体制となった当時、世間ではエース格のメンバーが2人も抜けたということで、たくさんの心ない言葉がNEWSに向けられたのでした。

9人から6人になって、最後は2人の脱退。いちごのないショートケーキとか具のないおでんとか○○の愉快な仲間たちの愉快な仲間たちしか残ってないとかほんま心ない言葉ばっか、全部本人たちの目と耳に入ってきてたんやな。NEWSの文字に二重線引かれてたとか。もう心臓裂けそう。

そんなピンチに立ち上がったのが小山

小山慶一郎

出典pic.prepics-cdn.com

 

「リーダーを置かなくてもいい」という手越祐也・増田貴久の反対を押し切り、自らリーダーに立候補・就任した小山慶一郎。

引っ張るのではなく、メンバーが活動しやすいように後方支援するというタイプのリーダーで、主な仕事は4人で食事をしたときの代金を支払うこと。

NEWS本当に色々おめでとう♡ 本当に色々辛い時あったけど... イチゴのないショートケーキなんかじゃないよ!! NEWSはこれから先ももっと幸せになれる ファンがついてるよ pic.twitter.com/F3XGzHHyGk

メンバーが次々減少していった時期の苦しみや不安、グループへの熱い思いを語り合い、最後は大号泣。

そんなリーダーの活躍もあり、NEWSは生まれ変わった!

4人でNEWSを盛り上げて再起を図りたいと思ったメンバーは、メンバー同士で話し合いを重ねて結束を固めた。

4人が「チームワークあってこそのNEWS」と人気よりも絆を選択をした結果だった。

4人ともに十分な個性を持ち合わせ、それぞれがもはやピンでも活動できそうなNEWS。

手越くんのあの全力でバラエティする姿勢とアイドルのギャップがな

小山くんが凄いニュースキャスターらしい喋り口調になっててビックリした。

野性時代掲載の加藤シゲアキさんの読み切り小説「おれさまのいうとおり」読んだ!テンポが良くて面白くて後味がちょっと苦い。

キャスター、バラエティ、作家がいる中で、NEWSという軸がぶれないように、見えないところで一生懸命支えてくれてるのが増田貴久。 #増田貴久生誕前夜祭 pic.twitter.com/q1FGddZ1CX

ジャニーズ系でもこれだけメンバーが多方面で秀逸の活躍をするグループも珍しいのではないか。

今回24時間テレビのパーソナリティーに抜擢されたことに対して・・・

今回新たにパーソナリティーに選ばれたことに対し「皆さんの中にNEWSというグループが存在しているんだ」と嬉しくなり、4人でのパーソナリティーに特別な思いを抱いたという。

最後に小山は、「4人のNEWSが皆さんの中に少しでも浸透していければ」と、”メンバー愛”を示した。

解散という道を選ばず、大変だとわかっていても続けることを選んだNEWSとNEWSを応援し続けてきたファンのみなさんのおかげで、今この時2016年のフルスイングを聴けたんだよな。24時間テレビ本当に楽しみだ。

SMAPの解散騒動と重なってしまうファンも・・・

4年前、NEWSが解散危機になって 4年後、NEWS4人で24時間テレビ SMAP解散の記事を見て 今4人でいられてることは当たり前じゃないんだなって思った

こんな時にあれやけど… NEWSも、あの時解散やったかもしれへんねんやんな。 あの時、誰か1人でも諦めてたら今のNEWSは存在しなかった。 もう本当に4人には感謝しかない。 小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久、手越祐也の4人がNEWSで本当に良かった。

 

SMAPの解散から考えたけどNEWSがあんだけ、メンバー脱退や活動休止になったのにもかかわらず、解散しなかったことがとてつもなく大変ですごいことだったんだと改めて思った。NEWSはこの4人だったから。続けられた。最高だよ pic.twitter.com/CM9buWhLMw


熱に関連する単語の検索:危機

前の記事:モンスター姿で魅了!…ホイミンに変身した橋本環奈が可愛すぎる
次の記事:松本人志の予言が怖い。当たりすぎと話題になっている

分享到: 收藏