中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

「君の名は。」の大ヒットで分かった。宮崎駿監督の偉大さと、新海誠監督の可能性。
2016-09-16 12:55:42   From:まとめ   コメント:0 クリック:

『君の名は。』の勢い(17日で62億円)は驚異的。新海監督が“2人目”となるのか、注目される。

数字の話をするのもアレな気もするけど、日本アニメーションで興収100億を超えた作品は現状スタジオジブリの宮崎駿監督だけでしたが、新海監督もこの座に名前を刻みそうですね。 アニメの神って誰もが言うジブリ作品に近づけるって本当にすごい事

そうか。100億に行ったら宮崎駿に続いて二人目になるんか。今週末で80億行きそうやし、このまま行くんやろなぁ。100億に乗ったら、それはジブリでもなくディズニーでもない初めてのアニメ映画になる。そういう意味でも劇場で見る価値がある。twitter.com/livedoornews/s…

新海監督の前作「言の葉の庭」の最終興収は約1億5000万円なので、今回の「君の名は。」は新海監督にとって大飛躍の作品と言える。

100億突破が凄いことなのは分かったけど、宮崎駿監督の一番ヒットした作品とはどのくらい差があるの?

□宮崎駿監督の作品で1番のヒット作は「千と千尋の神隠し」

千と千尋の神隠しの最終興収は驚きの「304億円」

スタジオ・ジブリの宮﨑駿監督作品の「千と千尋の神隠し」は日本のみならず、世界中でも賞賛されています。2001年の公開作品ですが、今でも人気は衰えることがありません。

千と千尋の神隠しは、2001年7月20日に日本公開。興行収入は300億円を超え、日本歴代興行収入第1位の記録は2016年現在も塗り替えられていない。

「千と千尋の神隠し」は日本で公開された全ての映画の中で歴代1位の興行収入を記録している。2位は「タイタニック」の262億円。3位に「アナと雪の女王」の254億円が続く。

映画のランキング調べたら 千と千尋の神隠しが304億っておま

君の名は。の興行収入が話題になってるけど改めて1位に君臨してる千と千尋の神隠しの304億って凄い数字だと思い知らされる

君の名は。62億ってすげえ……そして304億の千と千尋はマジで意味わかんねえ……

凄すぎてびっくりしますよね。
 

□何故「千と千尋の神隠し」は頭一つ抜けたヒット作となったのか

宮崎駿監督の作品で「千と千尋」の次にヒットした作品は「ハウルの動く城」の196億円なので「千と千尋」は宮崎駿監督の作品の中でもずば抜けた興行収入を記録していることが分かる。

千と千尋の神隠し、300億の興行収入と2300万人の動員数って何が起きたの

もちろん作品の良さが一番の要因ですが、「千と千尋」が歴代1位になったのには理由がありました。

□ヒットの影響で超ロングラン上映が行われていた

半年以上、映画館で上映されていた。

千と千尋の神隠しは、大ヒットの影響で、夏休み公開映画であるにもかかわらず、翌年の春休みまで上映が続くという異例のロングラン興行となった。

「千と千尋の神隠し」は、2001年7月20日に公開され、36週目の翌2002年3月最終週に、まだ興行収入ランキング10位に入っていますから、この時点でもまだ上映が続いていたことが分かります。

あくまで噂だが、興行収入が史上最高記録を持つ千と千尋を上回るペースで伸びているらしい。しかしまぁ千と千尋は9ヶ月っていうまずあり得ないレベルの超ロングランをやった上で300億を叩き出したから、超えることは理論上不可能なんだけども。それでもこのままいけば130億は堅いな #君の名は

□大ヒットした「もののけ姫」の次に公開された作品だった

「もののけ姫」の最終興収は193億円。宮崎駿監督の前作「紅の豚」が約47億円であることから、宮崎駿監督にとって「もののけ姫」は大飛躍の作品であったことがわかる。

ジブリ作品の流れが明らかに変わったのは「もののけ姫」から。プロデューサーに鈴木敏夫氏を据え、企画、宣伝、興行全てにおいて鈴木プロデューサーが取り仕切り、徹底的なメディア戦略を行った。

それまでは、アニメ=子どもが見るものといった図式を「大人でも楽しんでみることができるエンターテイメント」としてメディア戦略を展開したことで、その認識が周知された。

「もののけ姫」が名作なのに加えて、鈴木プロデューサーが行った徹底的なメディア戦略により、大人も映画館に足を運ぶことが多くなった。

つまり「もののけ姫」のメディア戦略がなければ、「千と千尋の神隠し」の世界的ヒットはなかったかもしれません。それどころか、ジブリそのものがここまで有名になることはなかったかもしれません。

もののけ姫の評判が良かったから次作の千と千尋が売れたんだと思う。 ジブリの中ではもののけ姫が一番好きです。

「もののけ姫」で集まった宮崎駿監督作品への注目、「千と千尋」の作品の面白さ、超ロングラン上映。これら全てが重なったことで生まれたのが「304億円」という大ヒットだった。

□果てしなく高い「宮崎駿監督の壁」

ほえー、3週で62億突破かぁ…… エヴァQでも52億やし、さくっと捻り潰した形やな。 ポケモン、妖怪時計、ドラえもんの壁を越えれば次は100億の壁、その先はジブリの魔窟やな。 しかし今後千と千尋の記録を抜かせる作品なんてでるのか……?桁が違いすぎる。

流れから見ると、「千と千尋」に最も近づける可能性があるのは「君の名は。」で集まった注目がある新海誠監督の次回作。どんな作品が誕生するのか楽しみですね。

ちなみに1位は千と千尋の神隠しで確か300億ほど。 この数字はもう伝説過ぎて、宮崎監督が引退した今、この先出せないだろうなって言われてるけど、君の名はで相当な可能性が見えた。


熱に関連する単語の検索:新海 可能性

前の記事:嵐のチケットで逮捕者も…ファンからは非難の声が転売に潜む闇
次の記事:後味最悪、でもやめられない!!中毒性アリなイヤミス小説まとめ

分享到: 收藏