中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

中日合作映画「Utaは野良犬じゃない」の製作開始 中国では珍しい癒し系作品
2016-11-16 12:19:33   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:



 
  映画「Uta不是流浪狗(Utaは野良犬じゃない)」がこのほどクランクインし、上海で撮影中だ。本木克英監督がメガホンを握るこの作品で、中国人俳優の江若琳、杜天皓、何琳、日本人女優の田中麗奈らが出演する。中国では珍しい癒し系となる本作は、かわいい柴犬と主人である少年が共に成長するハートフルなストーリー展開となっている。国際在線が伝えた。

◆中日合作、癒し系のペット映画を製作

上影集団と日本の松竹の共同製作であるこの作品は、中日映画界においてこの10数年間で最も重要な作品といえる。歌・映画・テレビ番組とマルチに活躍する江若琳、アイドルの杜天皓、日本人女優の田中麗奈、若手俳優の何琳、李■(■は或の丿の代わりに彡)、陳炳戎、ベテラン俳優の徐才根、張文蓉らが共演し、中日の豪華なキャスト陣が注目を集めている。本木克英監督は、ペットと少女が共に成長する名作映画「犬と私の10の約束」を撮影した。さらに国際的に実力のある製作チームが加わり、上海の都市の雰囲気に合わせて、実生活における温かな一コマを表現する。

◆ペットに注目、涙を誘うストーリー

中国映画市場では近年良作が続いているが、ペットを主人公にした映画は少ない。名作映画「HACHI 約束の犬」や「犬と私の10の約束」は人と動物の関係に焦点を絞り、涙を誘う感動的なストーリーだ。「Uta不是流浪狗」も人と動物をめぐる、心温まるストーリーだ。本作は中国のペット映画の空白を埋める、中国らしいかわいらしさを表現した、楽しく愛が満ちた犬の映画となっている。

孤独な柴犬が逃げる途中、心優しいがひねくれた少年と出会う。少年は柴犬と共同生活を始め、彼らは次第に新たな自分へと生まれ変わっていく。人と犬の心温まるストーリーに焦点を絞り、ヒューマニズム、動物への関心、社会の調和を呼びかける。

◆実力派スタッフが加入

「Uta不是流浪狗」は名作ペット映画「HACHI 約束の犬」、「犬と私の10の約束」の実力派スタッフを迎える。これも本作のサプライズだ。これらの実力派スタッフが中国では珍しいタイプとなる、癒し系のペット映画の製作に全力を注ぐ。


 

熱に関連する単語の検索:野良 中国 中日

前の記事:『黒い十人の女』、部外者が騒ぐ“不倫=絶対悪”風潮へのアンチテーゼ?
次の記事:明大が最多6度目優勝、初出場の桜美林大を逆転 明治神宮野球

分享到: 收藏