中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

「銀魂」が動員記録塗り替える 中国の俳優魏大勛も大ファン
2017-08-11 22:02:51   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

俳優・魏大勛の微博

福田雄一監督がメガホンを握り、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、堂本剛などが主演を務める実写版映画「銀魂」が現在、日本で大ヒット上映中で、公開から23日目で動員数は200万人を突破し、興行収入も27億3000万円超えとなっている。日本の今年の実写版映画の最多興行収入記録を更新中だ。「銀魂」は、世界で大ヒットしているコミックを原作とし、多くのファンが注目している。最近、中国の若手俳優・魏大勛が「銀魂」の人気キャラクター・エリザベスと写る画像を微博(ウェイボー)にアップし、「銀魂」の大ファンであることを示し、フォロワーらの間で大きな話題となっている。中国網が報じた。

「銀魂」の大ファン・魏大勛「人生に無駄な道なんてない」

「銀魂」の単行本は累計発行部数が5100万部を突破しており、「週刊少年ジャンプ」の看板コミックとなっている。そして、中国でも大人気で、「銀魂」の大ファンであることを公言している芸能人も多い。俳優の魏大勛も最近、2日連続で自身の微博で、エリザベスと写る画像やエリザベスのお決まりのポーズを披露し、「人生に無駄な道なんてない。どの一歩も大切!」と書き込んだ。そして、フォロワーへの感謝の気持ちのほか、「銀魂」が表現している「これが自分。天下無敵」という価値観に強く賛同する思いをつづった。この投稿の後、数万人のネットユーザーが反応し、「魏氏もエリザベスのファンだったなんて」とコメントしている。


興行収入記録塗り替え 5大都市で応援イベント

「銀魂」の実写版映画製作が決まって以降、世界中のファンらが公開を首を長くして待っていた。そして、実際に日本で公開されると、評判も興行収入も絶好調。公開4日間で、興行収入が9億8千万円に達し、今年の「ナンバーワン」実写版映画であることに疑問の余地はない。そして、公開23日で動員数は200万人を突破し、興行収入も27億3000万円を超えて、日本の今年の実写版映画の最多興行収入記録を更新中だ。その他、今月3日から各地で開催されている上映応援活動も大きな反響を呼んでいる。主人公の坂田銀時や志村新八に対する応援の声が特に大きく、応援の気持ちを表すために映画を十回も観たファンもいたという。製作会社はこの人気の波に乗り、11日から日本の5大都市でも応援イベントを開催することを決めた。同作品が今年の夏の天下無敵の痛快アクション映画となるのは間違いない。

中国でも「銀魂」が9月に公開される計画だ。(編集KN)


熱に関連する単語の検索:中国 魏大勛

前の記事:第13回北京国際スポーツ週間始まる
次の記事:中英合作ドキュメンタリー映画「Earth: One Amazing Day」が11日中国公開

分享到: 收藏
コメントのランキング