中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

中国式英語が世界を風靡 国力のアピールに貢献
2013-08-29 17:45:26   From:   コメント:0 クリック:

 「ウォール・ストリート・ジャーナル」の動画配信サイトで、ある単語が注目を浴びた。中国語でおばさんを意味する「大媽」の音訳から取ら
 「ウォール・ストリート・ジャーナル」の動画配信サイトで、ある単語が注目を浴びた。中国語でおばさんを意味する「大媽」の音訳から取られた「Dama」という英単語だ。これは、中国のおばさんたちによる金の買い占めで金相場が上がったことを報道するために、「ウォール・ストリート・ジャーナル」が新しく作り出したものだ。このことは、中国が新しい英単語を生み出したことを意味する。このように、現在知らぬ間にますます多くの中国語が国際社会の各方面に溶け込み始めている。人民日報海外版が伝えた。

 ■中国語のピンインが新しい英単語に

 「Dama」のように、異なる言語から借りてきた単語は言語学上では通常「借用語」と呼ばれるもので、決して新しい現象ではない。

 近代に入り、中国語の語彙はCopy(「拷貝」)やCool(酷)、Cola(可楽)などのように、多くの英単語の音訳を取り入れてきた。躍動感あるイメージを持つこれらの外来語は、英単語のもともとの発音を留めると同時に、中国語の表意的な特徴も備えているため、語彙の内在する意味が一目瞭然に判別できる。

 同時に、中国語のピンイン(アルファベットを使った中国語の読み方)を取り入れた英単語は近年海外メディアの報道の中で頻繁に登場している。10年前、外国人は「guanxi」(関係)という単語を興味深げに話していた。英語の「relationship」とは異なり、「guanxi」は中国社会の独特で複雑な人間関係を表現するのに使われた。後に、この単語は英・米国のビジネススクールの教材「Rules and Networks」にも掲載された。

 このような例は他にもいくつもある。英誌「エコノミスト」は中国の未婚男性のことを「guanggun」(光棍)と表現し、米誌「ザ・ニューヨーカー」は現実社会の不満をぶつけて過激な行動をとる中国の若者のことを「fenqing」(憤青)と翻訳した。また、中国中央テレビ(CCTV)の英語サイトでは海外の中国消費者のことを「consumer」(消費者)と「chinese」の綴りを組み合わせて「chinsumer」という造語で紹介した。

■ユーモアに溢れた表現を好む外国人

 このほか、面白い言葉の現象として、中国語を直訳した英語「チングリッシュ」(Chinglish、中国式英語)がある。典型的なチングリッシュと言えば、「Long time no see」(好久不見、久しぶり)だが、これはすでに標準英語辞典の中の中国式英語の例文として収録されている。

 南京大学海外教育学院副院長の徐昌火教授は、「英語の語法、単語の意味・語法の制約、背景にある文化の意味が理解できない、或いはあまり深く理解していないため、中国人はつい中国語の表現方式に直接英語をあてはめて使ってしまう」と語る。

 一方、チングリッシュに心を奪われる外国人もいる。シンガポール出身の浙江大学医学院に通う留学生、何専挙さんは中国語と英語のバイリンガルだが、初めて「People mountain people sea」(人山人海、人でごった返している様子)という表現を聞いたとき、そこに内在する文化的な意味をすぐに理解できたという。「友達と話すとき、時々このような表現方法を使うことがある。非常にユーモアに溢れていて面白い」と何専挙さん。

 トロント大学のカナダ人学生ウィリアムさんは中国語を習ったことはないが、チングリッシュに触れる機会は少なくないという。「中国人留学生のクラスメートたちはいつも私に、『Good good study, day day up』(好好学習、天天向上、一生懸命勉強すれば、毎日上達する)というフレーズを教えてくれる。このフレーズは言いやすいし、覚えやすい。今ではサインをするときに使っている」と語る。

 米国の言語研究団体、グローバルランゲージモニターは世界的視野と英語が発展する視点から、「中国式英語は喜ばしい言語の合成語」としてチングリッシュに高い評価を与えている。

 ■言語が国力のアピールに貢献

 英語のほとんどの語彙はアラビア語やドイツ語、フランス語など、もともとは異なる言語に由来している。現在では、中国語が由来の英単語の数が日毎に増えている。

 「文明のレベルが高く、社会が発達し、他言語の社会に属する人々に対して強い求心力を持つ国の言語ほど、往々にして大きな影響力を持つ。例えばローマ時代のラテン語や秦・漢時代の中国語、第2次世界大戦後の英語などがそうだ」と北京外国語大学中国語文化学院の孟徳宏副教授は中国語の影響力について語る。

 言語は単独で存在しているわけではない。徐昌火教授は、「中国式英語が全世界に広がっているのは、表面的には現代中国で起こっている社会・文化現象が英語の語彙の中で正確に訳せないことが原因だが、深層レベルで見ると、中国語と外国語の言語文化交流が加速していることや、中国がグローバル化の過程にあることを示している。我々は喜んでこの現象を受け入れ、その変化を静観するべきだ。なぜなら、言語は永遠に変化するものだから」という見方を示した。

■近年、新しい英単語となった中国語

  shuanggui 双規

 「二つの規定」を意味する。規定の時間と規定の場所で強制的に行われる汚職関連の違反取り調べ

 chengguan 城管 都市管理のため行政的な法律の執行、各種法的取り締まりを行う機関

 don’train 動車 CRHまたは和諧号を使っている中国の高速列車

 jiujielity 糾結 物事がもつれて、なかなか解決できないこと

 geilivable 給力 すごい、素晴らしい、なんともいえない

  Chimerica 中美国 チャイメリカ

「チャイナ+アメリカ」の意味。米国の経済史家、ニール・ファーガソンの著作「The Ascent of Money : A Financial History of the World」( 2008年、邦訳『マネーの進化史』、早川書房)が語源。世界一の外貨準備を保有する過剰貯蓄国の中国と世界最大消費国の米国が経済共同体となり、世界経済に大きな影響を与えるという概念

 We two who and who? zan両誰跟誰? 我々は兄弟のように親しいという意味

 Go and look! 走着qiao! 覚えてろ!

 No money no talk! 没銭免談!お金がない人とは話しても無駄、自分にとって利益にならない人とはつきあわないこと。

熱に関連する単語の検索:中国式英語

前の記事:台湾地区芸能人は中国大陸部で高収入
次の記事:中国式英語が世界を風靡 国力のアピールに貢献

分享到: 收藏