中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

宮崎駿監督とは対照的、「実験」に挑んだ高畑勲さん
2018-04-06 14:08:26   From:朝日新聞   コメント:0 クリック:

写真・図版「おもひでぽろぽろ」(C)1991岡本蛍・刀根夕子・Studio Ghibli・NH
 

 丸っこくてシンプルな「ハイジ」。ほお骨が張ったリアルな「おもひでぽろぽろ」。粗い鉛筆の描線が走る「かぐや姫」。一見スタイルは異なるが、一貫してアニメーションならではの「実感」を追究した。「絵を『よすが』とし、その向こうに『ほんもの』を感じてもらえるのがアニメーション」を持論とした。

 多様なスタイルは、「同じことはしたくない」と新作の度に「実験」に挑んだ結果だ。自分のスタイルを崩さず深めていく宮崎駿監督とは対照的だった。

 初監督映画「太陽の王子 ホルスの大冒険」で、服、生活道具、建物の構造まで緻密(ちみつ)に作り上げた。「実感」を求めるが故だ。それらの設定を考え描いたのは、東映動画入社3年目の宮崎さん。右腕として「ハイジ」「三千里」を一緒に作り、「世界をありありと作り上げる」高畑の手法を血肉とした。

 代表作「火垂るの墓」は宮崎監督の「となりのトトロ」と2本立て公開だった。生活と生命の確かな実感の上に、対照的な花を咲かせた2作だった。(小原篤

熱に関連する単語の検索:高畑勲

前の記事:「2018 北京・日本映画週間」日本の最新映画6作品を北京で上映決定!
次の記事:柳田国男の故郷を活性化、兵庫 神戸新聞、地域貢献へ協定

分享到: 收藏