中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

将棋の羽生、最速で1400勝 史上2人目、名人戦第1局
2018-04-13 14:11:04   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 将棋の羽生善治二冠(47)は12日、東京都内で指された第76期名人戦7番勝負第1局で、佐藤天彦名人(30)を破り、史上最速、最年少で公式戦通算1400勝(565敗2持将棋)を挙げた。史上2人目で、達成時の7割1分2厘は最高勝率となる。

 将棋の第76期名人戦7番勝負第1局で佐藤天彦名人を破り、史上最速、最年少で公式戦通算1400勝を挙げた羽生善治二冠=12日夜、東京都内のホテル

 通算勝利数の歴代1位は、故大山康晴15世名人の1433勝。羽生二冠はデビュー後32年、47歳での到達で、大山15世名人がプロ入りから50年、67歳(達成時の勝率は6割5分3厘)で樹立したこれまでの記録を大幅に塗り替えた。歴代3位は、加藤一二三・九段(78)の1324勝。

熱に関連する単語の検索:名人 史上 第1

前の記事:漫画著作権保護へ政府対策 海賊版サイト遮断促す
次の記事:坂本冬美さんが歌声披露、和歌山 故郷のイメージソング完成

分享到: 收藏