中国語  日本語
ホーム > エンタメ > 記事全文

藤井七段、新人王に王手 将棋、奨励会員三段に先勝
2018-10-11 11:32:01   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は10日、大阪市の関西将棋会館で指された第49期新人王戦決勝3番勝負の第1局でプロ棋士養成機関、奨励会の出口若武三段(23)を下して先勝、初制覇にあと1勝とした。第2局は17日に行われる。

 将棋の第49期新人王戦決勝3番勝負の第1局で出口若武三段に先勝し、対局を振り返る藤井聡太七段=10日午後、大阪市の関西将棋会館

 対局は終盤まで熱戦が続いたが、最後は後手番となった藤井七段の確実な攻めが決まり、相手を112手までで投了に追い込んだ。新人王が目前となった高校生プロは「途中で苦しくなった場面もあったが、粘り強く指せたのがよかった。第2局も落ち着いて、時間の配分にも気を付けたい」と冷静な表情で話した。

熱に関連する単語の検索:藤井 新人王 王手 

前の記事:将棋の羽生、夢の100期なるか 竜王戦が開幕
次の記事:村上春樹さん、自身の文学論語る 書くことは「自己の探究」

分享到: 收藏