中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

立教大学 上海に中国事務所を新設
2017-01-13 14:35:35   From:篠原功   コメント:0 クリック:

立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)は、1月に中国の上海市に海外事務所を新設した。
 立教大学 上海に中国事務所を新設


韓国、ロンドン、ニューヨークに続き
4ヵ所目の海外事務所を開設

 立教大学(東京都豊島区、総長:吉岡知哉)は、1月に中国の上海市に海外事務所を新設した。2014年に開設した韓国事務所(ソウル)、ロンドン事務所、ニューヨーク事務所に続く4カ所目の海外事務所となります。中国国内にて本学の広報活動を中心に業務を行い、中国の大学および高等学校等との関係強化を目的としている。

 立教大学は、2014年に公表した国際化戦略「Rikkyo Global 24」を基盤とした構想が、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」に採択された。現在は、年間約850名の外国人留学生を受け入れているが、同構想では、2024年に2000名を超える留学生が学ぶグローバルなキャンパスの実現を目標としている。
 立教大学では、中国からの留学生が外国人留学生全体の約45%を占めており、年々その割合が増えている。中国最大の経済都市である上海市に海外事務所を設置することで、より多くの優秀な留学生を獲得したい考え。
■中国事務所の概要
【名 称】立教大学中国事務所
【開設日】2017年1月1日
【住 所】上海市楊浦区国賓路18号 五角場万達広場A座20階 (株)GES 上海事務所内
【活動内容】
 ・中国国内における本学の広報活動
 ・中国の大学および高等学校等とのネットワーク構築・強化等
TM Copyright(c)2001-2017 by Kyodo News PR Wire All Right Reserved

熱に関連する単語の検索:立教大学

前の記事:「中国化粧品市場に挑む!」セミナーを開催
次の記事:NPO法人東方文化交流協会が中日少年棒球友好交流会を開催

分享到: 收藏