中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

「孟凡瑞・孟亜妹 東京巡回展」~情けの縁と仏さまのゆかり~
2017-04-28 19:16:44   From:篠原功   コメント:0 クリック:

「孟凡瑞・孟亜妹 東京巡回展」が4月24日から28日まで(公財)日中友好会館美術館で開催された。


テープカット


孟親子


  
「孟凡瑞・孟亜妹 東京巡回展」~情けの縁と仏さまのゆかり~
 
平和の尊さ、文化交流の深淵な意義を強く発信
孟凡瑞氏「世界の人々に文化と智慧と悟達を!」
 
 「孟凡瑞・孟亜妹 東京巡回展」が4月24日から28日まで(公財)日中友好会館美術館で開催された。初日の24日午後2時半から同美術館でオープニングセレモニーが開催された。なお、この巡回展は書道家の孟凡瑞・芸術家の孟亜妹、(一社)日中文化交流センターが主催。中国大使館文化処、(公財)日中友好会館、(一社)日中協会、人民日報海外網が後援。㈱アルバックスが運営を行った。
 
 今回の東京巡回展は、日中国交正常化45周年を記念して開催したものだ。孟凡瑞氏は、中国書法界では高い人気があり大書法集「書道全集」を出版し、日本にも多くの作品愛好家がいる。
 開幕式で最初に挨拶に立った主催者の孟凡瑞氏は、今回の巡回展では㈱アルバックスが細やかで上品な運営を行ってくれたことに感謝の意を表明。「今回の展覧会は私の書道作品と、娘の孟亜妹の水墨絵画作品を展示しており、海外での展覧会は2回目である」と語った。
 また、孟氏は「私は幼い時から書道を熱愛し、娘は絵画を好み、多くの作品を創作してきた。昨秋、フランスのパリにおいて初めて展覧会を開催。今春はこうして日本で展覧会を開催することができた」と喜びを語った。
 「我々は自身の信念に基づいて作品を創作し、その作品を通じて世界の人々と対話を重ね、対話を通じて世界に平和をもたらしたいと願っている。世界の人々に文化と智慧と悟達を提供できれば、これ以上の喜びはない。今回の展覧会を通じて皆様にささやかな霊感や感激をもたらすことができれば幸いだ」と語った。
 来賓を代表して挨拶に立った中国大使館文化処一等書記官の欧陽安氏は、美しい季節に展覧会に出席することができたことを喜ぶと共に、この日のために来日した書画家親子の展覧会に対して祝賀の意を述べた。
 「今年の中日国交正常化45周年,来年の中日平和条約締結40周年という中日間の歴史的な記念の節目において、さまざまな文化・芸術イベントの開催が予定されている。今回の展示会もそのような意義を持ったものであり、中日の皆さんが芸術への理解を深め、両国関係の発展のために積極的な役割を果たしていただけるよう願っている」と語った。


欧陽安氏


柴田靜峯氏


聂立国氏
 
◆日中交流の先達の志を継承、平和の金の橋を
 
 港区議会議員の丸山たかのり氏は「港区には日本にある外国の大使館の半分がある。もちろん中国大使館もある。その意味で港区は文化交流の重要な地域だ」と前置きし、「現在、東アジア地域は緊張状態に置かれている。だからこそこうした文化交流の継続が重要だ。個人的にも区会議員としても日中に『平和の金の橋』をしっかりとかけるべく全力を投入したい」と語った。
 美術評論家の柴田靜峯氏は、孟氏の書体に対して「気取らない書体であることに驚いた。中国の書道家は、日本の書道家は以上に漢詩にしろ、篆刻にしろ、決まり事を深く守らなければ書法家として認知されない。お父さんの孟さんの作品には穏やかな実力を感じる。娘さんの孟さんの蓮の花の絵からは平和を愛する気持ちが強く伝わってきた。特に墨の濃淡を巧みに駆使し、蓮の花を浮き彫りにさせるよう構成されている。また、線も重視し、その強弱によって花弁を浮き立たせている。お二人には書画を通じて平和に携わってほしい。日中関係の永遠の平和を祈り、親子の展覧会を祝いたい」と語った。
 (一社)日中協会理事長の白西紳一郎氏は「阿倍仲麻呂は717年に中国に渡り、日本への帰国を果たせず唐で客死している。また、周恩来は1917年に日本に留学して勉強をしたが、憂国の思いを抱いて帰国してから100年になる。このように先達が橋を懸けてくれた。我々後輩はその友好の歴史を継承していかなければならない。書画の鑑賞を通じてそれらの意義を深く味わってほしい」と述べた。
 河北恩和集団董事長の聂立国氏は、「今回の書画展は『情けの縁と仏さまのゆかり』を主題としたもので、孟書画家の心血が注がれている。これらの作品からは伝統的な文化の魅力、強烈な視覚、深遠な思想などを堪能することができる。文化は国家の魂の動力源であり、発展の源泉である。お二人には今後も素晴しい作品を創出されることを願っている」と期待を込めた。

熱に関連する単語の検索:孟凡瑞

前の記事:周恩来総理の姪・周秉宜さんが鳩山由紀夫元総理を表敬訪問
次の記事:2017/2018年ロイヤル チエ チャリティーコレクション

分享到: 收藏
コメントのランキング