中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

工学院大学孔子学院 第五回関東地区中国語教師短期研修会を開催
2013-11-15 10:53:35   From:日中新聞   コメント:0 クリック:

創立5周年記念式典 工学院大学孔子学院は11月4日午後2時から同大高層棟3階アーバンテックホールで創立5周年記念式典と歌舞団公演を行

創立5周年記念式典
 
 工学院大学孔子学院は11月4日午後2時から同大高層棟3階アーバンテックホールで創立5周年記念式典と歌舞団公演を行った。式典には学長で孔子学院理事長の水野明哲氏が主催者を代表して挨拶をしたほか、西園寺一晃学院長が5年間の活動報告を行った。また、4人の来賓が挨拶するとともに顕彰・表彰状・感謝状授与が行われた。第二部では北京航空航天大学歌舞団の公演も行われ、記念式典にふさわしい華やいだ雰囲気に包まれた。  
 
開講クラス数・受講生が急速拡大  
中国語・文化講座・交流事業充実  
 
 孔子学院は中国政府が中国語と中国文化の普及を目指し、世界の大学と共同で設置・展開している非営利教育機関。世界各国に多くの学院・課堂が設置されている。工学院大学孔子学院は日本では11番目に設立された。工科系大学では初めて。  
 同学院はすべての人に開放された教育・交流機関。「中国まるごと体験」をキャッチフレーズに、中国語、中国文化講座を設け、同時に友好交流イベントを実施してきた。特に中国語教育は、豊富な中国語教育の経験と実績を持つ、優秀な中国語教師の指導のもと、「楽しく勉強、早く上達」をモットーに充実した授業を行っている。  
 また、中国語、文化講座とも学校、団体、企業への出張講座も行っており、留学(短期・長期)やビジネス相談にも応じている。さらに新宿駅から徒歩5分と至近距離にあるところも同学院のセールスポイントとなっている。  
 式典冒頭に挨拶に立った学長・理事長の水野明哲氏は孔子学院設立から今日に至るまでを振り返るとともに「中国語・中国文化・交流イベントなど主に五つの事業に力を入れている。たくさんの支持を得て、さらに啓蒙活動を強化するよう努力しているところ。ぜひ今後もご支援をお願いしたい」と述べた。  
 続いて学院長の西園寺一晃氏が「5年間の活動について」報告した。西園寺氏は設立から今日まで右肩上がりにクラス数と受講者が増えてきたことを具体的な数字を挙げて紹介するとともに、「特に中国語の受講需要が大きいため、今後は現在の受講生300名から500名に拡大していきたい。また中国文化講座は政治・経済・時事・旅行・漢詩・漢方・水墨画・二胡など幅広い領域のものを対象としている。ユニークなものとしてはテレサテンの歌をカラオケで歌う講座もある」  
 「このほか中国文化イベント、日中交流イベントも大変盛ん。調査研究活動では中国研究センターを拠点に政治・文化・教育・環境などさまざまな研究成果を講演会で発表してきた。私どもの活動は『楽しく』をモットーにしている。日中間にはデリケート・敏感な問題もあるが、決して逃げることなく、真っ向から取り上げてきた。11月28日に『日中関係を考える』というシンポジウムを予定している。徹底的に議論していきたい」と強調した。   
 また、今後の課題として西園寺氏は「講座内容の質の向上」を挙げた。「質が高く、安価な講座を提供することを目標としていきたい。中国語のレベルを世界的にアップするために多くの人に来ていただいて検定試験を行いたい。言語文化を正しく紹介し、相互理解を深めるためのご支援をお願いしたい」と要請した。  
 

西園寺学院長に中国側から絵画が贈呈された
講座の質向上に注力、検定試験も  
日中友好交流の一翼を担い発展を  
 
 来賓を代表して最初に孔子学院本部副総幹事の胡志平氏が挨拶した。  
 胡氏は中国語、中国文化、交流活動を展開する孔子学院は世界各国で設置されていることを紹介した。「その数は118ヵ国・地域で430の孔子学院が640の活動を成立させている。日本には13の孔子学院と7つの孔子課堂が設置されている」  
 「一昨日、岡山で協議会を開催し、意見交換を行ってきた。皆さんは大変積極的に活動されており感動した。工学院大学孔子学院は5年間にわたって言語教育講座を学生だけでなく、市民向けにも開講しており充実した活動を行ってきた。工学院大学をはじめ、西園寺学院長、受講生に敬意と感謝したい」  
 「孔子学院本部としては今後も力強く支援していく。大学と地域の人たちが連携を強化し、言語文化を通じて両国の相互理解、関係発展させるために貢献していただきますよう心から期待している」と述べた。  
 また、パートナー校の北京航空航天大学副学長の陶智氏は「工学院大学孔子学院は本学と共同運営を行ってきた。貴大学は5年間にわたって語学・文化・イベント開催してきた。各界から大変ご支援をいただき、中日両大学の友好関係促進の大きな役割を果たしてきた。両大学の多くの学生や教授がさまざまな交流を行ってきたが、パートナー大学として工学院大学の発展を誇りに思っている。本学も貴大学孔子学院の発展・支援に全力を尽くしていきたい。そして中日友好に大きく貢献していきたい」と述べた。  
 このほか中国大使館一等書記官の楊光さん、東京都日中友好協会会長の宇都宮徳一郎氏が来賓を代表して挨拶を述べた。また、祝電が披露された後、顕彰・表彰状・感謝状授与が行われ、孔子学院福学院長の榎本淳一氏が閉会の挨拶を述べ、第一部の式典を閉会した。20分間の休憩を挟んで第二部では北京航空航天大学歌舞団の公演が行われた。  

北京航空航天大学歌舞団の公演

熱に関連する単語の検索:工学院 孔子学院

前の記事:菅原やすのりさん「美しき日本の歌 名曲コンサート」
次の記事:佛山市経済合作交流会を開催

分享到: 收藏