中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

沖縄観光&MICEコンテンツフェア
2014-02-12 17:58:18   From:日中新聞   コメント:0 クリック:

沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー心を満たす沖縄。その魅力を一堂に!「沖縄観光&MICEコンテンツフェア」開幕式
沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
心を満たす沖縄。その魅力を一堂に!
「沖縄観光&MICEコンテンツフェア」

開幕式  
 
 「心を満たす沖縄。その魅力を一堂に」――沖縄県と一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は、1月29日13時からグランドプリンスホテル新高輪国際館パミール「崑崙」で沖縄観光キックオフ・プロジェクト2014~オールおきなわ大博覧会~「沖縄観光&MICEコンテンツフェア」を開催した。

スポーツの魅力で楽しい沖縄旅行を
沖縄スポーツツーリズムセミナーも

このイベントは2014年の沖縄観光およびMICEの新たな魅力を発信する機会。東京は29日、大阪は前日の28日、それぞれ午後13時からナレッジキャピタルコングレコンベンションセンターホールAで開催した。
 このイベントには行き縄県内の地域観光協会ならびに観光関連事業者(東京約100社・大阪約60社)が一堂に会し、最新の沖縄観光情報を発信。沖縄の観光・物産・農林水産物・芸能などを披露した。このイベントには政界をはじめ、関係団体、民間企業、県人会などから2000人を超す関係者が参加した。
 29日18時から同ホテル地価1階「飛天」で「沖縄ナイトin東京」が行われた。沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会による琉球舞踊のオープニングアトラクションに続いて、沖縄県知事の仲井眞弘多氏が主催者を代表して挨拶。来賓を代表して沖縄担当大臣の山本一太氏、全日本空輸㈱代表取締役社長の篠辺修氏、日本航空㈱代表取締役社長の植木義晴氏が祝辞を述べた。東京都新宿区長の中山弘子氏が乾杯の挨拶を行った。

沖縄のスポーツツーリズム  

 歓談に入り、沖縄観光・新旋風!VTRを上映。吉本興業の芸人による沖縄国際映画祭PR、出展ブース&食材PRなどが行われた。このほか沖縄県出身アーティスト「サンサナー」が披露され、一般社団法人沖縄観光コンベンションビューロー会長の上原良幸氏が中締めを行った。
 沖縄県および一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローは、1月29日(水)に「沖縄スポーツツーリズムセミナー」をグランドプリンスホテル新高輪で開催した。沖縄県では、県のあるべき将来像を見据えて「沖縄21世紀 ビジョン基本計画」を策定しており、恵まれた自然環境を生かした「スポーツアイランド沖縄」の形成をその基本施策の一つに掲げている。

 その一環として、本セミナーでは、スポーツツーリズムと沖縄のスポーツ資源の優位性を訴求するため、プレゼンテーションを行うとともに、沖縄のスポーツ振興とゆかりのあるアスリートを招き、トークセッションを行った。
 セミナー冒頭には、スポーツツーリズムについての概要説明として、一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構の川杉章様よりプレゼンテーションが行われ、スポーツで人を動かす仕組みづくり(=スポーツツーリズム)で地域活性化を図ることへの可能性が説かれた。
 
 また、沖縄のスポーツ資源の優位性とこれまでの沖縄のスポーツツーリズムへの取り組みを、一般財団法人 沖縄観光コンベンションビューローの照屋美奈子が紹介した。マラソンやサイクリングをはじめとした、様々なスポーツが沖縄に適していることを紹介。女子旅、学生旅、家族旅、大人旅といったターゲット別のスポーツツーリズムを提案したほか、プロ野球の春季キャンプ誘致(韓国球団も含めて平成26年には16もの球団の誘致に成功)やサッカーキャンプの誘致実績、それに伴って多くの観光客が沖縄を訪れていることを紹介。併せて、平成27年度本格稼働予定のスポーツコミッション沖縄(仮称)の設立に向けた取り組みを説明した。  
 その後、「アスリート視点による沖縄のスポーツ環境の魅力」と題して、サイクルロードレース解説者の栗村修様の進行のもと、沖縄で活躍するプロアスリート4人によるトークセッションを繰り広げた。  

沖縄の芸能が披露された  
 

熱に関連する単語の検索:沖縄観光 MICE

前の記事:食と農に関するセミナー
次の記事:「アートフェア東京2014」記者会見

分享到: 收藏