中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

工学院大学孔子学院「古筝と尺八の小音楽会」
2012-07-11 10:52:13   From:   コメント:0 クリック:

 工学院大学孔子学院(学院長:西園寺一晃)は、このほど同大中層棟で「古筝と尺八の小音楽会」を開いた。古筝を演奏したのはウリアナさん...

 工学院大学孔子学院(学院長:西園寺一晃)は、このほど同大中層棟で「古筝と尺八の小音楽会」を開いた。古筝を演奏したのはウリアナさん。尺八を演奏したのは水野香盟さん。水野さんは工学院大学学長の水野明哲さんで、同大孔子学院理事長も務める。また、会場では中国茶道の井上奈津子さんが出席者に中国茶を振舞った。
                   ◇
 最初、ウリアナさん水野さんのコラボレーションで『荒城の月』を披露した後、ウリアナさんが『雪山の春』を演奏した。新疆ウイグル自治区にある天山山脈を曲にしたという作品。この後、ウリアナさんは古筝について説明を加えた。「古い筝がなぜ生まれたかというと、古いという文字は2300年前に生まれた揚琴が元祖。当時、ある姉妹が一台の揚琴を2人で使っていたが、ある時、姉妹が揚琴を巡って争いになり、2人が揚琴を引っ張ったら半分に割れた。そこで音色の競争をしながら改造していった。最初は3弦だったが、後に今の21弦になった。右手に巻いている爪は鼈甲で出来ている」
 ここでウリアナさんは沖縄の名曲「花」を演奏した。演奏に先立ち、沖縄独特の暖かい雰囲気を出すための演奏法を紹介した。チューイングすることによってキーが変わる。これまで5音階でチューニングしていたが、日本の名曲「さくら、さくら」を演奏するに当たってウリアナさんは日本風の音階に変えた。
 なお、ウリアナさんは内モンゴル生まれ。内モンゴル大学芸術学院卒業。中国音楽院、上海音楽院で学ぶ。東方古筝協会会員。1997年に東京に留学。東京学芸大学大学院音楽学研究生課程を修了。NHK中国四大文明「ゆうどき」番組に出演。2006年にテイ チクレコードからCD「モンゴルの新しい風」をリリースしている。現在、日本をはじめ、アジア各国で幅広く活躍中だ。
 15分の休憩の後、水野香盟さんにバトンタッチ。水野さんは工学院大学の学長と同大孔子学院理事長を務める。さらに尺八の演奏家としての顔持つ。まずは尺八について説明を加えた。「尺八は『一尺八寸』という言葉があるが、一尺は約30センチメートル。この尺八は中国から伝わった。しかし、中国の一尺はそれより若干短いのが特徴。日本には奈良時代に伝えられた。ちなみに聖徳太子は尺八を吹いている。そして鎌倉時代、江戸時代というように日本風に発達してきた」
 「江戸時代に禅宗の一派がお経の代わりに尺八を吹いた。僧侶が深編み笠をかぶり、尺八を吹きながら全国を托鉢してあるいた。神聖な楽器で一般の人は吹けなかったが、明治時代に入り尺八が一般に開放され、誰でも吹けるようになった」

古筝と尺八が紡ぎ出す幽玄の世界

 「一尺八寸の尺八には表と裏に穴がある。5つの穴でさまざまな音を出す。大変難しく、特に半音を出すのが難しい。しかし、だからこそ尺八は面白く、そこに尺八の醍醐味がある」
 ここで水野さんは、なぜ尺八に魅了され、東京大学尺八部に入ったかを説明した。「たまたま東京大学尺八部で尺八を吹いたら、音が出たので入れてもらった。入部した時は顧問の先生(山口五郎師:人間国宝)は渡米していて不在だった。クラブの先輩たちはその顧問の先生は『凄い人だ』と言っていた。しかし、帰国された顧問の先生と一緒に尺八を吹いたが、そんなに凄いとは思わなかった」
 「その先生には30年近く尺八を習ったが、15年から20年で習った曲は全て吹けるようになり、尺八仲間から『それだけ吹けるのだから、もう習う必要がないのでは』といわれた。しかし、習えば習うほど遠くなるように思えた」
 「その顧問の先生は、弟子に何も教えなかった。雑談はするが尺八の演奏に関して何も言わなかった。ただ、尺八の芸を深めるためには多様な芸を習わないといけない。したがって『言っても解らない人には解らない。言わなくても解る人は解る』という感じだった」
 「先生と2人で尺八を吹きながら、コミュニケーションをしていたのだなと思ったことがある。子どもの頃からなんでもやってきたが、尺八や先生の魅力にもどんどん引き込まれ、人生のほとんどを尺八とともに歩んできた」
 ここで水野さんは『夕暮れ』を演奏した。夕暮れ時の京都の町でお寺の鐘が山にこだまして響いてくるという曲だ。最後に古筝と尺八のコラボレーションで『ふるさと』、さらにアンコール曲として『花』が披露された。
 水野香盟さんは東京大学尺八部に入部と同時に山口五郎師(人間国宝)に師事。1980年以降、日独仏各地でリサイタルを開催。1991年にサンフランシスコで日米尺八競演、CD録音を果たす。琴古流協会理事、国分寺三曲協会理事を歴任。日本三曲協会会員。琴古流竹盟社理事。国分寺市内で尺八教授。

熱に関連する単語の検索:工学院 大学 孔子

前の記事:勢い増す中国プライベートジェット市場
次の記事:「2012 中国国家行政学院公務員訪日研修団」が来日

分享到: 收藏