中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

第26回国際宝飾展
2015-01-09 18:22:45   From:   コメント:0 クリック:

1月21日~24日 東京ビッグサイト30ヵ国1130社が出展日本最大のジュエリー展示会香港・中国からバイヤー続々仕入れに約1億円持
1月21日~24日 東京ビッグサイト
 
30ヵ国1130社が出展
日本最大のジュエリー展示会
 
香港・中国からバイヤー続々
仕入れに約1億円持参・来場
 
 リード エグジビジョン ジャパンと日本ジュエリー協会は1月21日から24日まで東京ビッグサイトで第26回国際宝飾展を開催する、同展には、30 カ国1130 社が出展する、日本最大のジュエリートレードショーだ。国内はもちろん、日本の優れた宝飾品を仕入れようと、中国をはじめ海外バイヤーが1600名来場する。(全体の来場者数は30000名)
 特にいま、彼らが注目するのは、ダイヤモンドをはじめとした中古ジュエリー。これらを仕入れるために1億円近い予算をもって香港や中国のバイヤーも続々来場する。また、高品質のサンゴや日本ならではの高度な技術を用いたジュエリーも人気だ。いま、世界が注目する日本の『財産』とそれをめぐるリアルなビジネスの様子は圧巻。札束飛び交う現金商談も多数行なわれるからだ。普段なかなか目にすることができない超豪華、超高額ジュエリーやちょっとユニークな商品に接することができる。
 海外バイヤーが注目するのは中古ダイヤモンド、ジュエリー、高級サンゴ、日本ならではの匠の技―高品質・高技術ジュエリー。さらに1000万円以上の商品もずらり。例えば8000万円のサファイアリング、純金の急須、高品質ダイヤネックレス(2300万円)、1億円の翡翠ネックレス、全長20センチの3000万円かんざし、1粒3240万円の真珠、5000万円の38カラットエメラルドリングなどジュエリーファン垂涎の商品が登場する。

熱に関連する単語の検索:第26回国際宝飾展

前の記事:中国水墨画展示とオークション
次の記事:東洋大学国際地域学部留学生日本語弁論大会

分享到: 收藏