中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

第22回全日中展交流会・表彰式
2015-05-23 13:24:10   From:篠原功   コメント:0 クリック:

第22回全日中展・東京国際美術大展交流会・表彰式が25日午後から上野・東天紅で開催された。







第22回全日中展・東京国際美術大展

日中の芸術家が和やかに交流会

芸術家・収蔵家など200人参加
人と人が親交、日中の「絆」強く


 第22回全日中展・東京国際美術大展交流会が25日午後から上野・東天紅で開催された。この交流会には日中の芸術家、芸術品収蔵家、芸術品愛好家など200人余りが参加、日中の来賓が次々と挨拶する一方、飲食を共にしながら、親しく交流を深めた。
 最初に挨拶に立った主催者代表の宇俊之氏は「春風香る素晴らしい季節に第22回全日中展が開催され、日中の芸術家たちが一堂に介したことは大きな喜びである」と前置きし、「全日中展開催の趣旨は日中友好の促進にあり、日中書画交流の促進にある。日中関係が良好でない時だからこそ交流を続ける意義がある。また「私たちの活動は日中交流の新しく高い波を起こしている。今回、中国の著名画家たちが目の見えるところまで降りてきてくださり一堂に介した。この機会を最大限に生かし、大会の趣旨を十分に発揮し、大成功に導きたい」と決意を披露した。
 続いて参議院議員の浜田和幸氏は、「日中関係にも暖かい春が訪れようとしている。先般、インドネシアで安倍首相と習国家主席が5ヵ月振りに握手して日中関係の重要性で理解を深めた。これを機会にアジアと世界が良好な方向に進展することを願っている」と期待を込めた。さらに「まだまだ日中関係は厳しい局面にある。しかし、芸術文化を通じて国民と国民が理解を深め、国家と国家の関係が改善していけば、世界のモデルになると確信している」と力説した。
 一方、中国著名画家であり、中国国家画院院務委員、中国画学会副会長の謝志高氏は「今日、私たち代表団は日本の桜の季節に開かれた全日中展に参加できたことを喜んでいる。ついこの間、安倍首相と習国家主席が久しぶりに手を握り、中日友好がいかに重要かで意見交換した」と述べた。

芸術で中日関係の深化に期待
「平和友好の電車に乗って」

 また、謝氏は「世の中には二つの心が人々の心を動かすことができる。一つは宗教であり、もう一つは芸術だ。私も芸術家の一員として芸術で生活していることに誇りを持ち、芸術で中日関係が深まることを期待している」と強調した。
 「筆を通して中日関係の素晴らしい歴史を描き続けたい。中日はアジアの大国同士。平和友好という電車に乗って一緒に進んでいこう。この電車は加速することができる。また、トラブルに遭ったときは減速することもできる。このようにしてお互いに協力関係を強くしていきたい」と述べた。
 平山郁夫シルクロード美術館副館長の玉井賢二氏は「中国から多くの芸術家が来日し、素晴らしい作品を展示され、感動している。6年前に逝去した平山郁夫氏は『今を生きている人の責任は文化遺産を今の世代に伝えていくことにある』と言われた。芸術家の皆さまは絵を描きながらその精神を全うされている」
 「芸術は国境や民族を超えて伝わる。その意味で大変素晴らしいものだと思う。平山氏は常々日中文化交流は大変重要だと言っておられた。我々も文化交流を大事にしていかなければならない。今後もこの美術展が大きく発展していくことを期待している」と述べた。
 このあと日本画家で日展理事の福田千恵氏は、エジプトの壁画、中国の墨が文化融合、それがシルクロードを通って日本に入ってきて、日本画に影響を与えたことを強調。「中国の大きな恩恵を受けていることに感謝している。芸術は世界の人々の心に訴えかけてきた。その絆を強くしていくことに力を注いでいきたい」と決意を述べた。
 中国美術家協会会員で経済学博士の葛涛氏は「中国の絵画は4000年前から始まり、書画同源であり、画の中に書があり、書の中に画を表現するのが特徴だ」と語った。
 このあと全日中展審査委員長で東京画院副院長の白浪氏の乾杯の発声で懇親会に入った。
 懇談会では日中友好協会幹事で埼玉日中友好協会理事長の長崎恵氏、日本在住の水墨画画家の王子江氏、詩人・書家の太田雨花氏などが挨拶。マジックショー、京劇、歌などが次々と披露され、和やかな雰囲気に包まれた。特に中国中央テレビアナウンサーの董浩氏が持ち前の美声で歌を披露し、会場の熱い拍手を浴びていた。なお、交流会最後には実演会が行なわれた。
 写真は上から宇会長、参議院議員の浜田和幸氏、中国国家画院院務李院長の謝志高氏、芸術家たちのp記念写真。
 

熱に関連する単語の検索:芸術家・収蔵家など多数参加

前の記事:第22回全日中展・東京国際芸術大展
次の記事:村山富市元総理、全日中展で挨拶

分享到: 收藏